こんばんは~、Tomyです。

えー……ちょっと個人的なことを言わせてください(笑)
先週は3日間競馬ですから、次の週末までの猶予が普段より
短いがゆえ、記事を書くにも時間的な余裕が無い…(^_^;)
それなのに仕事が忙しくて、精神的にかなり切羽詰まって
おりますが、なんとか今夜には書いておかないと!
と思いまして、どうにかこうにか書いています…えぇ。

それでは京成杯のデータ分析をしていきます。
登録頭数は17頭で、割りと揃った印象がありますが
こりゃまた難解なメンバー…。
最近、世代限定戦が苦手になりつつあるので
このあたりで1つ当てたいところです。

以下、過去10年の傾向です。

【性別】
 牝馬 (0-0-0-9) 連対率0.0% 複勝率0.0%

牝馬の参戦はごく少数で、このうち人気になっていたのは
11年のヌーベルバーグ(4人気10着)くらいで、
他はほぼ二桁人気ばかり。今年はスカイグルーヴが出走。
想定人気では現状、1人気ですが果たして……?


【所属】
 美浦 (6-5-6-81) 連対率11.2% 複勝率17.3%
 栗東 (3-5-4-35) 連対率17.0% 複勝率25.5%
 他  (1-0-0-1) 連対率50.0% 複勝率50.0%

中山開催ですが、関西馬も比較的参戦は多く好走率も高め。
今年も現時点では7頭の関西馬が登録。


【枠番】
 1枠 (1-0-3-10) 連対率7.1% 複勝率28.6%
 2枠 (0-1-2-14) 連対率5.9% 複勝率17.6%
 3枠 (1-1-2-13) 連対率11.8% 複勝率23.5%
 4枠 (1-2-1-14) 連対率16.7% 複勝率22.2%
 5枠 (2-2-0-16) 連対率20.0% 複勝率20.0%
 6枠 (2-1-2-15) 連対率15.0% 複勝率25.0%
 7枠 (0-0-0-20) 連対率0.0% 複勝率0.0%
 8枠 (3-3-0-15) 連対率28.6% 複勝率28.6%

中山内回りの2000mにしては、8枠の成績も悪くない。
馬場もだいぶ痛んでくる頃ですし、意外と内枠有利という
ほどではないようで、多頭数の年でも複数絡んでいます。
その他、あまり気にしなくてもいいかもしれませんが
7枠だけ何故か死に枠状態。今年はどうか。

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ 老舗競馬総合情報社シンクタンク ≫
信頼すべき有力馬と狙い撃つべき穴馬!
中山金杯では万馬券的中!!今週もお見逃しなく!
 『愛知杯・京成杯・日経新春杯』
穴情報馬を狙い撃つ!!
▼【馬券候補5頭】を無料公開▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【脚質・上がり】
 逃げ (0-1-0-9)  連対率10.0% 複勝率10.0%
 先行 (5-2-3-30) 連対率17.5% 複勝率25.0%
 差し (5-4-2-42) 連対率17.0% 複勝率20.8%
 追込 (0-3-4-36) 連対率7.0% 複勝率16.3%
 捲り (0-0-1-0)  連対率0.0% 複勝率100%

 1位  (2-4-1-5) 連対率50.0% 複勝率58.3%
 2位  (2-1-4-5) 連対率25.0% 複勝率58.3%
 3位  (4-1-1-5) 連対率45.5% 複勝率54.5%
4~5位 (1-2-2-14) 連対率15.8% 複勝率26.3%
 6位~ (1-2-2-88) 連対率3.2% 複勝率5.4%

極端に前傾に寄ったり後傾に寄ったりすることは
意外と少なく、どちらかというとロングスパート勝負に
なりやすいレース傾向。
上がり3Fは35~36秒ほどなのでトップスピードは不要。
(あまりにも上がりが使えないのも良くないが)
勝ち時計的にはホープフルSに近いものの、馬場も荒れる
時期だけにタフさも要求されてきます。


【キャリア】
 1戦  (1-0-3-15) 連対率5.3% 複勝率21.1%
 2戦  (1-2-1-25) 連対率10.3% 複勝率13.8%
 3戦  (6-4-2-27) 連対率25.6% 複勝率30.8%
 4戦  (2-3-0-14) 連対率26.3% 複勝率26.3%
 5戦  (0-1-2-20) 連対率4.3% 複勝率13.0%
 6戦~ (0-0-2-16) 連対率0.0% 複勝率11.1%


近年、新馬戦からの直行で好走してくる馬もいますが
それらは基本的に、馬格がそれほど大きくない馬。
「前走新馬戦かつ前走480kg以上」は(0-0-1-11)
馬格がある馬は成長に時間が掛かることが多いのかも。
その一方、キャリアが多すぎても良くない。


【前走クラス】
 新馬   (1-0-3-15)  連対率5.3% 複勝率21.1%
 未勝利  (1-3-1-22)  連対率14.8% 複勝率18.5%
 1勝    (5-2-2-31)  連対率17.5% 複勝率22.5%
 OP特別  (2-0-2-15) 連対率10.5% 複勝率21.1%
 GⅢ    (0-3-1-15) 連対率15.8% 複勝率21.1%
 G Ⅱ    (0-1-1-9)  連対率9.1% 複勝率18.2%
 G Ⅰ    (1-1-0-10) 連対率16.7% 複勝率16.7%

どんなクラスからでも好走馬が複数出ていて
これだけ見ると、さほど大きな偏りはありません。


【前走レース】
 朝日杯FS   (1-1-0-8) 連対率20.0% 複勝率20.0%
 ホープフルS (1-1-3-20) 連対率8.0% 複勝率20.0%
 葉牡丹賞   (2-2-1-4) 連対率44.4% 複勝率55.6%
 エリカ賞   (2-0-1-5) 連対率25.0% 複勝率37.5%
 (他1勝)   (1-0-0-29) 連対率3.3% 複勝率3.3%

OPクラスでは、朝日杯FSあるいはOP特別時代を含めた
ホープフルSを経由しての参戦が多め。
ただし今年は出走無し。
1勝クラス経由の好走馬の多くは、葉牡丹賞組または
エリカ賞組がほとんど。今年は残念ながら葉牡丹賞組は
いませんので、エリカ賞組に注目してみたいところ。

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ うまスクエア ≫
“大魔神”の愛称でお馴染み!
 ≪GI馬主・佐々木主浩≫
世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!今週も必見!
 【京成杯最終結論

 ▼こちらで無料公開!▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【前走人気】
 1人気  (3-3-1-13) 連対率30.0% 複勝率35.0%
 2人気  (3-0-0-16) 連対率15.8% 複勝率15.8%
 3人気  (1-2-2-15) 連対率15.0% 複勝率25.0%
 4人気  (1-3-0-8) 連対率33.3% 複勝率33.3%
 5人気  (0-0-2-11) 連対率0.0% 複勝率15.4%
6~9人気 (2-1-5-32) 連対率7.5% 複勝率20.0%
10人気~ (0-1-0-22) 連対率4.3% 複勝率4.3%

前走極端な人気薄だった馬の好走は厳しいものの
中穴程度であれば、それなりに馬券に絡みます。
下級クラスで6~9人気だった馬も、5頭好走。


【前走着差】※負けた馬
 0.0秒    (0-0-0-1) 連対率0.0%  複勝率0.0%
 0.1~0.2秒 (1-3-2-11) 連対率23.5% 複勝率35.3%
 0.3~0.5秒 (3-3-1-10) 連対率35.3% 複勝率41.2%
 0.6秒 ~   (0-0-1-46) 連対率0.0%  複勝率2.1%

前走「0.6秒以上負けた馬」の巻き返しはかなり厳しい。


★データから見る注目馬
・前走芝の1勝クラス以上
・前走上がり2位以内かつ5着以内
関西の牡馬

上記3つの条件を満たす馬(過去10年)
 (3-3-2-2) 連対率60.0% 複勝率80.0%
 単回収値 188、複回収値 155


今年該当する 1頭 はこの馬
 ⇒ディアスティマ

直線は短く、ゴール前の坂があるコース形態と
時期的な要因もあって、トップスピードが要求される
レースではないとはいえ、前走それなりに末脚を見せて
いた馬に関しては、評価しておきたいところ。
今年の出走メンバーを見た第一印象は、
人気が想定されるスカイグルーヴ、ヒュッゲあたりも含め
逃げた経験しかない、もしくは逃げでしか結果を出してない
といった馬がかなり多く見受けられます。
頭数もある程度は揃いますし、これらの馬たちがどういった
位置取りでどんな競馬をするのか、出来るのかというのは
正直未知数なところが大きいです。
この馬をはじめ、好位や中団からのレースでしっかりと
結果を出している馬を中心に考えてみるのも面白い。

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ ベストレコード ≫
メインだけならず平場やWIN5も含め
厳選無料情報を公開中!
毎日更新の無料コンテンツもアリ!
まずはご体感ください!!!
  ▼   ▼   ▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いつもお読み頂きありがとうございます(^^)
週始めの注目馬や本命馬、その他重要データなど
下記ブログランキングの紹介文に記載していますので
クリックしてご覧くださいませ☆

人気ブログランキングへ