こんにちは~、Tomyです。

先週の2重賞はともにハズレ( ノД`)…
きさらぎ賞のサトノゴールドは追い切りを見て
成長したように感じたのですが、レースではやっぱり
ズブかったですねぇ(^_^;)まだ良くなる余地は十分か。
アルジャンナは、ちょっと構えすぎたかな?
エンジンが掛かった頃には時既に遅しの3着。
うーん、としか言いようが無いですが次走に期待。
勝ったコルテジアは、デビューから手綱を取り続けている
松山騎手ならではの手の内に入れた騎乗。
インパクトには欠けますが、なんとなくアルアイン的な
匂いを感じますねぇ。タイプは違いますが。
東京新聞杯はミルコが巧く捌いての快勝劇。
追い切りでは復調を感じていたものの最内枠という点で
嫌ったのが失敗。同じく追い切りが良く見えた
シャドウディーヴァも好走しましたし、なんだか
予想としてはチグハグになってしまいました。
ケイアイノーテックは上がり最速でしたけど
進路を探して右往左往。あれでは…届きませんね。
ここのところなかなか調子は出ませんが
今週も引き続き頑張っていきます。

3重賞が行われますが、予想としては京都記念と
共同通信杯の2つに絞って書きたいと思います。
それではまず、京都記念のデータ分析です。
例年、だいたい10頭前後という少ない出走頭数で
今年も10頭となっていて、少数精鋭といった様相。
若手からベテランまでバラエティーに富んだメンバー。
楽しみな一戦になりそう。

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ 老舗競馬総合情報社シンクタンク ≫
信頼すべき有力馬と狙い撃つべき穴馬!
先週と馬券対象馬激走!!
 『クイーンC・京都記念・共同通信杯』
穴情報馬を狙い撃つ!!
▼【馬券候補5頭】を無料公開▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いつものように過去10年の傾向を見ていきましょう。

【馬齢】
 4歳  (4-5-3-22) 連対率26.5% 複勝率35.3%
 5歳  (5-1-5-17) 連対率21.4% 複勝率39.3%
 6歳  (1-3-2-25) 連対率12.9% 複勝率19.4%
 7歳~ (0-1-0-21) 連対率4.5% 複勝率4.5%

勝ち馬は5歳以下に集中しており若い馬が優勢。
7歳以上の高齢馬は軸向きではないですね。


【性別】
 牡・セ (9-7-10-71) 連対率16.5% 複勝率26.8%
 牝馬  (1-3-0-14) 連対率22.2% 複勝率22.2%

牝馬もボチボチ活躍馬が出ていますね。


【所属】
 美浦 (2-2-1-21) 連対率15.4% 複勝率19.2%
 栗東 (8-8-9-64) 連対率18.0% 複勝率28.1%

関西馬の頭数が多いですが、若干優勢です。
過去10年では、7人気以下は(0-0-0-55)となっており
馬券的には堅めなので、人気馬であれば所属に関しては
気にする必要はなさそうです。


【枠番】
 1枠 (0-2-0-8) 連対率20.0% 複勝率20.0%
 2枠 (1-0-1-9) 連対率9.1%  複勝率18.2%
 3枠 (1-0-1-9) 連対率9.1%  複勝率18.2%
 4枠 (2-2-1-7) 連対率33.3% 複勝率41.7%
 5枠 (0-1-1-13) 連対率6.7% 複勝率13.3%
 6枠 (3-0-1-13) 連対率17.6% 複勝率23.5%
 7枠 (0-3-1-15) 連対率15.8% 複勝率21.1%
 8枠 (3-2-4-11) 連対率25.0% 複勝率45.0%

複勝率ベースでは、むしろ外枠のほうが良いくらい。
特に内枠が大きなアドバンテージにはならないですね。
頭数も少ないことがほとんどですし、外回りコース。
あまりごちゃつきにくいというのもあるかも。


【脚質・上がり】
 逃げ (1-1-0-8) 連対率20.0% 複勝率20.0%
 先行 (8-4-6-22) 連対率30.0% 複勝率45.0%
 差し (1-4-3-20) 連対率17.9% 複勝率28.6%
 追込 (0-1-1-33) 連対率2.9% 複勝率5.7%
 捲り (0-0-0-2) 連対率0.0% 複勝率0.0%


 1位  (2-4-3-6) 連対率40.0% 複勝率60.0%
 2位  (2-2-0-4) 連対率50.0% 複勝率50.0%
 3位  (3-2-2-5) 連対率41.7% 複勝率58.3%
4~5位  (3-2-5-9) 連対率26.3% 複勝率52.6%
 6位~ (0-0-0-61) 連対率0.0% 複勝率0.0%

近年は時計が掛かる馬場になりやすく
瞬発力というより長く脚を使う持続力勝負になりやすい
イメージですが、頭数も少ないのである程度上位の
上がりを使えないと馬券圏内は厳しいですね。


【前走クラス】
 3勝   (0-0-0-5)  連対率0.0% 複勝率0.0%
 OP特別 (0-1-0-9)  連対率10.0% 複勝率10.0%
 GⅢ   (2-2-0-16) 連対率20.0% 複勝率20.0%
 G Ⅱ   (1-1-1-37) 連対率5.0% 複勝率7.5%
 G Ⅰ    (5-5-8-18) 連対率27.8% 複勝率50.0%
 海外   (2-1-1-0) 連対率75.0% 複勝率100%

前走G Ⅰ 組が好成績。それ以外についてはあんまり
これといって活躍しやすいところはありません。
海外遠征帰りの馬も、成績はかなり優秀ですので
走ってきたレース、メンバーの格が上位の馬が軸向き。


【前走レース】※前走G Ⅱ以下
 AJCC   (1-0-0-12) 連対率7.7% 複勝率7.7%
 日経新春杯 (0-0-1-18) 連対率0.0% 複勝率5.3%

 中山金杯  (1-1-0-5) 連対率28.6% 複勝率28.6%
 新潟記念  (1-0-0-0) 連対率100% 複勝率100%
 ダイヤモンドS  (0-1-0-1) 連対率50.0% 複勝率50.0%
 ステイヤーズS  (0-1-0-1) 連対率50.0% 複勝率50.0%

AJCCや日経新春杯など間隔が短い馬はなかなか
好走は難しいようで、年明けに使っていること自体の
アドバンテージはほとんど無いですね。
ちなみに、前走国内のG Ⅱ以下のクラスを経由して
馬券に絡んでいるのは「前走連対」「前走3人気以内」が
中心で「前走4人気以下かつ3着以下」は(0-1-0-43)と不振。


【間隔】
 中4週以下 (1-2-1-42) 連対率6.5% 複勝率8.7%
 中5~8週 (6-3-4-14) 連対率33.3% 複勝率48.1%
 中9週以上 (3-5-5-29) 連対率19.0% 複勝率31.0%

上記でも触れたとおり、間隔を明けている馬の成績が良好。
G Ⅰ に出走しているような馬になると休み明けでもなかなか
軽視しづらい印象はあります。馬にもよるとは思いますが。


★データから見る注目馬
・前走G1
・牡馬
・○○(人気ブログランキング[A]へ)

上記3つの条件を満たす馬(過去10年)
 (3-1-5-2) 連対率36.4% 複勝率81.8%
 単回収値 429、複回収値 236


今年の該当する 1頭 は?
 ⇒人気ブログランキングへ

なぜか○○の成績が良いという特徴があるレースです。
出走頭数もそれなりに多いですが安定感がありますね。
○○以外の牡馬で前走G Ⅰ の馬は(1-2-3-8)と信頼度では
少し劣りますし、血統的な要因もありそうです。
ちなみに同じ○○でも「牝馬」だと成績は落ちて(0-1-0-7)
これもまた不思議な話…。
休養明けとはいえ、フォトパドックを見た印象では
見映えは他に比べて良かったと思いますし、
キレよりも長く脚を使うタイプですので、今の京都コースも
嵌まりそうな印象。
データ的には勝ち切るというより、複勝圏内の軸として
考えてみたいと思いますが、当然頭もあっていい。

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ CHECK MATE ≫
「関西馬情報を制するものは、競馬を制す」
先週も関西馬の情報で万券的中!
今週も勝負&穴の関西馬で波乱決着もある!?
京都記念】勝負買目を無料公開!
  ▼   ▼   ▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いつもお読み頂きありがとうございます(^^)
週始めの注目馬や本命馬、その他重要データなど
下記ブログランキングの紹介文に記載していますので
クリックしてご覧くださいませ☆

人気ブログランキングへ