こんにちは~、Tomyです。

大阪杯の全頭考察を「Part.1」と「Part.2」の
二部構成でやっていきたいと思います。

名前の順で分けますので、Part.1は
カデナからダノンキングリーまでの6頭でいきますね。


■カデナ
3歳の弥生賞を最後に、しばらくの間は二桁着順ばかり
続く不振に陥っていましたが、昨年の春ごろからようやく
自分のスタイルを取り戻したようで、復調してきています。
不振だった頃は上がりも全然使えていなかったですし
単純に展開が向く向かないの問題だけではなかったかな。
一度ドツボに嵌まった馬というのは、ディープ産駒に限らず
なかなか復調するのが難しいものなのですが、よくぞ
ここまで立て直したなぁという印象です。
同世代のアルアインやレイデオロたちが引退する中で
地道にコツコツと頑張ってきた成果でしょうか。
持続力やスタミナが問われる展開になった時に対等する
馬ではありますが、いかんせん脚質が後ろすぎなので
これだけのメンバーが揃ってしまうと、展開だけでなく
極端に差し追込が決まるトラックバイアスでない限りは
さすがに今回は厳しい
のかなとは思います。
例年の大阪杯に照らし合わせると、上がり最速を使っても
届かない…というクチに見えますねぇ。
ただ、鮫島克駿騎手は阪神芝2000mで穴を空ける
傾向にあります
ので、一発を期待出来なくはないですね。


■クロノジェネシス
近走の脚質は非常に安定しており、少頭数ながら
前走京都記念のような外寄りの枠でも折り合いを欠く
ことなく対応。牡馬とは初対決ですが内容的には
余裕綽々の完勝。個人的にも期待はしていましたが
思ったより更に強い競馬をしてきた印象。
早め先頭に立っても、ソラを使うことなく最後まで
集中して走れていました
し、レース中の気性面には
改善が感じられますし、馬体もだいぶしっかりしてきた。
ただ、ゲートでガチャガチャしてスタートが危うかった
というを今回修正出来るか
どうかは課題ですけどね。
阪神コースでは2戦して未勝利ですが今回は内回り。
新馬戦、そして秋華賞の内容からしても問題ないか。
もっとも、外回りコースだろうと結果を出してきては
いるんですけど。
前走の全体のメンバーレベルは低かったかもしれませんが
パフォーマンスとしては、古馬のG1クラスとやっても
それほど遜色ないかなと思いますし、ステイフーリッシュを
物差しにするならば、例えばブラストワンピースと
さほど力差はなく、むしろ上という可能性も普通にある。

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ 老舗競馬総合情報社シンクタンク ≫
先週もズバリ高松宮記念的中!!
信頼すべき有力馬と狙い撃つべき穴馬!!
 『大阪杯』
穴情報馬を狙い撃つ!!
▼【馬券候補5頭】を無料公開▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■サトノソルタス
金鯱賞に関しては、完全な超ドスローの展開で
ただの前残りでしたし、サートゥルナーリアとは
明らかに力差を感じる内容でお世辞にもここで胸を張って
通用するかと言われると…やや怪しいところはあります。
展開的に似ていた2018年の金鯱賞勝ち馬の
スワーヴリチャードは大阪杯も勝ってみせましたが
2着以下だった馬は大阪杯でも3着以内には来ていません。
しかし、実は金鯱賞で3番手から進めて4着だった
ヤマカツエースが、大阪杯でも4着には来ているので
丸っきり駄目かと言われるとそうでもないかも……?
(まあ、ヤマカツエースは過去の大阪杯でも好走してたが)
右回りが初めてというのはブラックボックス的なところは
ありますし、もしかしたら右回りが得意だったなんて
ことも無くはないですが、どう見ても左回りに拘って
使っていたことを考えると…
うーんとは思いますけども。
最近は、中団からやや前目のポジションを取れるようには
なってきたので、4枠より内ならチャンスはあるかも
前走負けた馬の大阪杯(G1昇格後)での成績は
1~4枠が(2-3-1-13)、5~8枠が(0-0-0-14)ですからね。


■ジナンボー
金子オーナーは3頭出しの予定でしたが残念ながら
ヴェロックスは回避ということで、ワグネリアンと
ジナンボーの2頭となりましたが色気があるのは
普通に考えるとワグネリアンでしょうねぇ。
この馬にもチャンスがゼロとは思いませんが
ポイントなのは、今年の大阪杯は逃げ馬不在ということ。
各馬の戦績を踏まえると、この馬が押し出される形で
逃げることになる可能性は結構高いと思います。
じゃあドスローになるかと言われればそうも思っていなくて
この馬、時々引っ掛かる面があるので意外とちょうどいい
ペースメーカーになるかもしれないなぁと。
勿論、逃げないかもしれませんし逃げてもスローかも
しれませんけど、何となくドスローにはならない気がして。
G1昇格後の大阪杯は逃げ残りが難しい傾向にありますし、
地力もこの中に入ると数枚落ちるのは確かなので
基本的には厳しいかなと見ています。
新潟記念でユーキャンスマイルとクビ差の勝負を演じて
いるのですが、この時は斤量差も3kg有りましたしねぇ。
右回りに関しては、2回経験してどちらも好走しているので
特に問題はない
でしょうけど。


■ステイフーリッシュ
脚質から見れば、近年のレース傾向には合う1頭です。
AJCCに関しては上がり3位ですが、基本的に好走した
レースの多くは、上がり5位前後ですので瞬発力では
このメンバーでは劣りますが、バテはしないというタイプ。
AJCCではブラストワンピースにジリジリ交わされ、
京都記念でも、あっという間にクロノジェネシスに
先を行かれてしまうなど、ここ一番の加速力が乏しく
なかなか勝ちきれない
レースが続いています。
この馬が勝つとすれば、それこそ3歳時の京都新聞杯の
ように大逃げした馬の離れた単独2番手でしょうか。
そうでも無いと、後続に簡単に差されてしまいます。
昨年の大阪杯はそもそも前に行けなかったので参考外で
いいと思いますが、さすがに勝ちきるところまでは
想像しがたいですね。
戦ってきた相手は伏兵の中で見るとトップでは
ありますから、相手なりに力は出せるとは思いますし
サトノソルタスのところで触れましたが、4枠より内に
入ればチャンスはあるかもしれませんよ。
ただ、ズブい馬なので、あんまり内過ぎると自分が動く
前に先に被されて「THE END」の可能性が高そうですから
1枠は嫌かな。3枠か4枠あたりが良いと思います。


■ダノンキングリー
正直今年の大阪杯は、人気馬の中で消すならば
牝馬ではなく牡馬かなと思っております。
即ち、この馬かブラストワンピースかワグネリアンか。
まあ実際の予想では全部買ってるかもしれませんが(笑)
昨年のマイルCSは自信を持って軽視しましたが
主な理由は血統面ですね。ディープ×ストームキャットは
京都外回りのワンターン競馬は不得意です。
もちろん初めての関西輸送も不安要素ではありましたが
今は輸送もそれほど心配ではないです。
どちらかといえば、血統で切っています。
この時「阪神外回りのワンターンなら悪くない」と
書きましたが、さて"内回りのツーターン"はどうでしょう。
……実はまだ調べておりません(笑)
決定的何かがもし見つかればまた書かせて頂きます。
前走の中山記念ではスタートも五分に出て折り合いもつき
完璧なレース運びでしたが、逆に言えば完璧すぎました。
大飛びの馬ですから、内に閉じ込められてごちゃごちゃ
するようだと抜け出せないかも
しれません。
前走は先行馬の組み合わせもそれほど揃っていません
でしたが、今回はある程度揃ってはいるのでねぇ。
誰が乗るのか未だに公式発表されていないのですが、
誰になるかで評価も変わるかもしれません。鞍上次第。


どちらかといえば、伏兵陣が中心になったPart.1
ですが、その中でも強いて穴馬を挙げるなら………
この馬かな⇒ 人気ブログランキング[穴1]へ

最近の脚質を考えると、一番可能性があるのはこの馬かな。
ただ、条件付きなので買うかどうかは追い切りと枠を見て。

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ CHECK MATE ≫
「関西馬情報を制するものは、競馬を制す」
過去5年は関西馬が馬券圏内独占!!
今年も関西馬中心でか!?
大阪杯】勝負買目を無料公開!
  ▼   ▼   ▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いつもお読み頂きありがとうございます(^^)
週始めの注目馬や本命馬、その他重要データなど
下記ブログランキングの紹介文に記載していますので
クリックしてご覧くださいませ☆

人気ブログランキングへ