こんにちは~、Tomyです。

オークスの本予想をしていきます。

まず天気ですが、どうやら今日も雨はほぼ降らなそうで
明日は順当に良馬場での開催が望めそうですね。

枠順に関しては人気のデゼル、デアリングタクト、
そしてクラヴァシュドールは内枠へ。
逆に個人的に狙っていた馬は外枠に入ってしまったなぁ
という印象ですが、並びを見ていくと……
10番のミヤマザクラは出していきそうですけど、
12番マジックキャッスル~15番チェーンオブラブまでの
4頭については、後ろからになりそう。
2400mという距離自体、リリーピュアハートを除けば
「全馬が初めて」
ですから、今までマイルですら先行して
いなかった馬がここでいきなり前に行くのは勇気が要るし
力が無いと出来ない芸当かなと。
それこそアーモンドアイのような競馬をするには。
なので、意外と8枠の3頭も先行するにしてもそこまで
苦にはならないと見ています。
ペースはスマイルカナが握るとは思いますが
先日も書いたとおり、淡々と流れると予想していますし
かといって、放置プレイするほど彼女は弱くないですから
内枠のアブレイズ、あるいはミヤマザクラあたりは
ある程度ついて行くのでは無いでしょうか。
クラヴァシュドールに関しては、桜花賞で確かに直線で
内に入れてきましたが、あれは不利があったことと
馬自身がビビる性格というのもあって、なるべく馬が居ない
ところをセレクトした結果かなと思います。
阪神JFなんかを見ても、外目を被されないように運んで
いましたし、好位のインでじっとする競馬は現状では
合わない馬かなと。なので出していく可能性はありますね。

オークスは先程も書きましたがほとんど全馬が
2400mが初めてなので、距離適性云々よりも
単純な地力のほうが求められると思います。
仮に距離適性があったとしても「初めて」ということに
変わりはありませんから、正直アドバンテージには
ならないですし、地力重視でいいかなと。
前半は「マイルでの追走力と持続力」
後半は「中距離的な末脚勝負」

この2つが求められてくるかなと。
なので、マイルのドスローで好走したからといって
これがここで活きるかはまた話が変わってきますね。
やっぱり、マイルのドスローではスタミナなんて全く
必要としませんし、ほんとに上がりだけの競馬になります。
さすがにオークスではそこまでのレースにはならないので
2000m以上の経験が無い馬については、
ミドルペース、あるいは、ややスローくらいでの好走歴が
欲しいかなと。
今年の桜花賞は、重馬場のハイペースという近年には
無いケースでしたから判断は非常に難しいですが、
個人的には「その前までの実績」も重視してみようかなと。
つまり桜花賞以前の評価、ですね。
あとはそこに別路線組を交えて、という感じになりました。

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ WORLD競馬WEB ≫
外からではなく内から見れば
競馬は更に面白く、勝てる!!
ヴィクトリアマイルも必然の的中!
過去8年中7勝のドル箱G1オークス。
ダービージョッキー大西直宏がお届けする
【オークス】
◎ー穴の馬連1点勝負』を無料で教えます!
  ▼   ▼   ▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎デアリングタクト
○ウインマリリン
▲サンクテュエール

人気ブログランキングへ
△ホウオウピースフル
△スマイルカナ
注デゼル


【買い目・配分想定】
 ワイド   ◎ー○ ×10
 ワイドBOX ○▲☆ ×2
 馬連    ◎ー○ ×5
       ◎ー▲ ×4
       ◎ー☆ ×3
 枠連    ②ー③④ ×5
 三連複   ◎ー○▲☆ー▲☆△注 ×1
 ※レース発走30分前までは変更の可能性あり


◎デアリングタクト
道悪だった桜花賞をどう見るかですが、確かに強かった。
本当はあのペースなら差し有利になるハズですが
道悪のせいで皆バテバテでした。ただこの馬は1頭だけ
後ろから突き抜けています。
再評価したいのはエルフィンSですね。
ペースはそこそこ流れて、これもまた上がりダントツの
勝利でしたし、テンが速いレースでの追走力は高い。
キャリア2戦で桜花賞を勝ってしまうということは
強い証拠と言わざるを得ません。
パンパンの良馬場は経験がありませんが、時計の掛かる
京都で34秒フラットの脚で勝てるということは
良馬場ならもっとキレる可能性が高いと思います。
最後方からになってしまうと危険ですが、馬のリズムを
重視して運べれば自ずと結果は出るでしょう。
マークされるのは当然ですが、まあ地力は抜けてる…かな。

○ウインマリリン
理想は内目の枠でしたが、こればっかりは仕方ないです。
単純な瞬発力勝負では分が悪そうですが、今年はそれほど
スローにはならないと予想していますのである程度の
持続力が求められる展開になれば、距離が少々延びても
やれるかなと。
折り合い面には問題が無く、鞍上の指示に素直に従える
タイプなので捌き方ひとつではデアリングタクトを
出し抜ける可能性もあるかとは思います。
最終追い切りでは、内にインターミッション、
外にマルターズディオサでの併せ馬で良い動き。
偶然にも枠の並びは同じですから、あの内容がここで
活きてくるかもしれません。
鞍上の乗り替わりは痛いですが、弱化というわけではない。
ここは親父殿に頑張ってもらうしかない。

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ CHECK MATE ≫
「関西馬情報を制するものは、競馬を制す」
前哨戦も勝負の関西馬で獲った!!
スイートピーS、フローラS、桜花賞すべて的中!
勝負の関西馬、穴の関西馬での決着も…!?
オークス】勝負買目を無料公開!
 先着100名様限定!!
  ▼   ▼   ▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▲サンクテュエール
ここではシンザン記念のラップバランスを評価しています。
ただ、今となってはメンバーはいまひとつだったかも。
そういう意味ではプリンスリターンにNHKマイルCで
もうちょっと頑張って欲しかったのですが……。
なので、馬の評価よりも鞍上の評価で3番手にしたという
意味合いのほうが強いです、正直。
初めての2400mを走るということは馬とのリズムが
大事になってきますし、こういう時こそ鞍上の技術が
モノを云うかなと思います。長距離重賞と同じような
発想ですね。ルメール騎手をG1でこの人気というのは
珍しいですが、人気薄の牝馬でも平気で馬券圏内に持って
くる騎手ですからね。G1で6人気以下の牝馬に乗った時は
複勝率40%あります(笑)恐ろしいです、この人は。
(まあ10回しか騎乗が無いのはもっと凄いですが)

人気ブログランキングへ
前走の負けだけでかなり人気を落としている印象。
あのレースに関しては、それまでと同様の競馬をしようと
前について行った結果、道悪もあって失速した感じ。
つまり重い馬場は苦手、ということがよく分かりました。
ただ、今回は良馬場が濃厚です。
この馬の場合、外枠あるいは外目を追走して結果を
残して来ましたから、枠なりにこなせると思います。
今後は2400mどんとこいというタイプになるような
イメージは無いですが、みんなが初めてな今ならば。
引き続き継続騎乗ですけど、周りの出方次第では
無理に前に行く必要もないと思いますよ。
元々は前に行けるか怪しい馬でもありましたからね。

△ホウオウピースフル
出来ればテン乗りは避けたかったところです。
折り合いが難しいタイプなので、人を選ぶ馬かも。
内田騎手がうまく制御してくれればいいのですが…。
枠は良いところに入ったので、前走のような立ち回りが
出来そうですから、道中の折り合い。そこだけですね。
レーン騎手は2400mは無理…みたいなことを
言ったというような話を耳にしましたが、それは結局
「これ以上の距離でこの馬の折り合いつける自信は俺には
無い」ということかなと。人が変われば馬も変わる。
まあ内田騎手が乗ってプラスに働いてくれるかは
正直レースが始まってみないと何とも言えないですが…。

△スマイルカナ
ペースメーカーであり、目標にされやすい立場でもある。
オークスに限らずですが、逃げ馬が残る展開はそんなに
多くはないですし、上位の印は打ちにくいですね。
ただ、この馬にとって間違いなくプラスになると思うのは
「邪魔者が居ない」つまりレシステンシアが居ないこと。
桜花賞も最後の最後まで踏ん張っていましたから
気分良く行かせたら案外しぶといんじゃないかと。
この馬がダイワメジャー産駒なら嫌いたいところですが、
ディープインパクト産駒というのもポイントかな。
恐らく短距離タイプではなく、マイル~2000mが
後々の主戦場になる気がします。
何故かといえばディープインパクト産駒のスプリンターは
ほぼ居ないからです。

注デゼル
もっとも判断に迷ったのがこの馬ですね。
スイートピーSは、上がり2位の馬が5頭も出るような
ドスローなのですが、それらが「33秒3」だったのに
対して自身は「32秒5」。みんなが速い上がりを使える
展開であったのにこれだけ差をつけるということは
キレは相当のものかなと思いますし、その前の未勝利戦の
ラップバランスもなかなか良いですからね。
ただ、後ろからになりそうな点とローテーション的には
結構厳しいので、相手が強化されてどこまでやれるか。
レーン騎手は基本的に3歳G1では信用できません。
しかし、唯一馬券に絡んだ皐月賞のサリオスだけは
テン乗りではなかった。今回もそうです。一応押さえます。

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ 老舗競馬総合情報社シンクタンク ≫
信頼すべき有力馬と狙い撃つべき穴馬!!
6年連続的中の得意レース!!
昨年も12番人気カレンブーケドールを見抜いた!
 『オークス』
とっておきの穴情報馬を入手済み!!
▼【馬券候補5頭】を無料公開▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

印をつけるか迷った何頭かについてコメントを。

クラヴァシュドール
鞍上もそうですが馬自身も内枠は良くないと感じますし
阪神JFとチューリップ賞はマルターズディオサに
競り負けています。特にチューリップ賞は賞金的に
ある程度仕上げていたハズなので、あれで負けている
ことを考えると、桜花賞4着とはいえそこまで…。
ただ、秋以降には期待している1頭です。

ミヤマザクラ
クイーンCは大逃げをした馬の離れた番手ですから
展開的に恵まれたところが大きいと思います。
昨年のダービーで言えばロジャーバローズでしょうか。
いざ、良馬場の2400mでガチンコ勝負となると
スピード負けする気がします。
それこそスマイルカナの番手で後ろに蓋をするような
競馬が出来るなら、とは思いますが後続も黙っちゃいない。

リアアメリア
アルテミスSの末脚は確かにスゴかったです。
これはサウジアラビアRCにも言えることですが
あくまでただの直線勝負で事足りただけなので
オークスは、あんな簡単なペースではありませんし
もう少しタフさも要求されます。距離も1.5倍です。
桜花賞は道悪だったので良いとしてもまだこの馬には
テンが流れたレースでの実績がありません。そこですね。

リリーピュアハート
微妙に穴人気になっていますが、正直何でここまで
人気になっているのはさっぱり分かりません。
確かに、福永騎手を早々に手配していることに好感は
持てますが、前走も馬場が緩いとはいえ本当に強い馬なら
忘れな草賞くらい普通に勝てている気が……。
2400mは経験していますが、超スローで勝ち時計も
特質すべきものでは無いです。アドバンテージには…。

アブレイズ
内枠に入ったので印を回すか悩みましたが、
追い切りの動きを見ると右手前の走りがぎこちなかったり
手前替えそのものも遅かったりとまだ幼さを感じました。
ローテーション的にはマイナーではあるので
怖いと言えば怖いですが、まだ上がりの速い競馬を
経験していないので、どこまでスピードがあるのかが
いまひとつ分からないんですよねぇ。


いつもお読み頂きありがとうございます(^^)
週始めの注目馬や本命馬、その他重要データなど
下記ブログランキングの紹介文に記載していますので
クリックしてご覧くださいませ☆

人気ブログランキングへ
ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
「トレセン」「馬主」「馬産地」に広がる
情報ネットワーク。
超一流のプロフェッショナルが集う
≪ 競馬セブン ≫
【オークス】
▼【3点勝負買目】を無料公開▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー