こんばんは~、Tomyです。

先週の宝塚記念は、馬連・ワイド・三連複を的中できて
上半期の最後にようやく良い当たりかた(^_^;)

勝って兜の緒を締めるつもりで下半期も頑張ります!!

ちょっとね…G1戦線が終わるとね気持ちの後始末がね…
他のブロガーやYouTuberの方も同じ感覚になることも
あるのでは……と思いますが(笑)

さて、それではCBC賞のデータ分析をしていきます。
「サマースプリント第2戦」となりますね~。
今年は厄介なことに、阪神開催ということで、
「脚質」や「枠番」成績は当てに出来なさそうですが
前走データについては、ある程度通用しそうな気はします。

京都の改修工事の影響で、これからどんどんこういう
レースが増えてくると思うと……頭が痛い…苦笑

一応今回に関しては、過去10年のうち中京開催だった
8回(2012年以降)のデータを参考にしたいと思います。


【馬齢】
 3歳  (0-0-0-13) 連対率0.0% 複勝率0.0%
 4歳  (0-1-1-9)  連対率9.1% 複勝率18.2%
 5歳  (6-4-4-23) 連対率27.0% 複勝率37.8%
 6歳  (2-2-3-36) 連対率9.3% 複勝率16.3%
 7歳~ (0-1-0-21) 連対率4.5% 複勝率4.5%

5歳馬の成績がかなり優秀なのでここは注目。
一方、4歳馬は頭数が少ないので何とも言えませんが
良くはないですね。
7歳以上は、ちょっと厳しそう。


【性別】
 牡・セ (6-4-7-67) 連対率11.9% 複勝率20.2%
 牝馬  (2-4-1-35) 連対率14.3% 複勝率16.7%

牡馬でも牝馬でもそこまで大きな差は無いですね。


【所属】
 美浦 (1-0-1-14) 連対率6.3%  複勝率12.5%
 栗東 (7-8-7-88) 連対率13.6% 複勝率20.0%

関東馬の参戦は少なく活躍頻度は低め。


【斤量】
 53kg以下 (1-2-0-44) 連対率6.8% 複勝率6.8%
 54kg   (1-1-1-18) 連対率9.5% 複勝率14.3%
 55kg   (0-2-0-15) 連対率11.8% 複勝率11.8%
 55.5kg  (1-0-1-0) 連対率50.0% 複勝率100%
 56kg   (3-1-3-16) 連対率17.4% 複勝率30.4%
 57kg   (0-0-1-5)  連対率0.0% 複勝率16.7%
 57.5kg  (1-2-0-1) 連対率75.0% 複勝率75.0%
 58kg以上 (1-0-2-3) 連対率16.7% 複勝率50.0%

斤量が軽い馬が有利というわけではないです。

【前走との斤量差】
 前走より増 (4-3-3-9) 連対率36.8% 複勝率52.6%
 据え置き  (1-1-4-31) 連対率5.4% 複勝率16.2%
 前走より減 (3-4-1-62) 連対率10.0% 複勝率11.4%

どちらかといえば、斤量が増えるほうが優勢。
特に「0.5kg増」は(2-2-1-1)と好成績となっているので
中途半端に斤量が増える馬には注意。
荒れる重賞ではあるのですが、意外と実績馬は強いです。
一方、前走から斤量減となる馬の内訳は
「~1.5kg減」 (2-2-1-22) 連対率14.8% 複勝率18.5%
「2.0kg以上減」(1-2-0-40)  連対率7.0% 複勝率7.0%

"減れば良い"というわけでは無いですね。

これ以外に斤量面での割引要素は

・前走斤量53kg以下  (0-0-0-17)
・前走OPクラス且つ今回3kg以上減  (0-0-0-17)

上がり馬以外で"斤量が減りすぎ"の馬は買いづらい。
今年で言えば、エイシンデネブ・ダイシンバルカン
ナインテイルズ・ラブカンプー・ロケットがこれに該当。


ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
「トレセン」「馬主」「馬産地」に広がる
情報ネットワーク。
超一流のプロフェッショナルが集う
≪ 競馬セブン ≫
【ラジオNIKKEI賞】
▼【3点勝負買目】を無料公開▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【前走クラス】
 3勝   (1-2-1-10) 連対率21.4% 複勝率28.6%
 OP特別 (4-1-3-55) 連対率7.9% 複勝率12.7%
 G3   (0-0-0-5)  連対率0.0% 複勝率0.0%
 G2   (2-2-0-5) 連対率44.4% 複勝率44.4%
 G1   (1-3-3-19) 連対率15.4% 複勝率26.9%
 海外   (0-0-1-0)  連対率0.0% 複勝率100%

上がり馬もそこそこ馬券に絡むなど、クラスは問わず。


【前走レース】
 高松宮記念 (1-2-3-11) 連対率17.6% 複勝率35.3%
 ヴィクトリ (0-1-0-3) 連対率25.0% 複勝率25.0%
 阪神牝馬S (1-1-0-0) 連対率100% 複勝率100%
 マイラーズ (1-0-0-0) 連対率100% 複勝率100%
 京王杯SC (0-1-0-3) 連対率25.0% 複勝率25.0%
 安土城S  (2-1-1-13) 連対率17.6% 複勝率23.5%
 鞍馬S   (1-0-2-12) 連対率6.7% 複勝率20.0%

前走高松宮記念からの休み明けで出走してくる馬は
まずまずといったところ。
他の重賞では、基本的に1400またはマイル以下からの
距離短縮組が参戦多めですね。
OP特別もどちらかといえば、1200の鞍馬Sよりも
1400の安土城S経由の馬のほうが若干連対率は高め。
今年は阪神開催なので、ここがやや引っ掛かる気もしますが
距離短縮自体は悪くはないと個人的には思います。


【前走人気】
◆OPクラス
 1人気  (1-0-1-6) 連対率12.5% 複勝率25.0%
 2人気  (1-0-0-5) 連対率16.7% 複勝率16.7%
 3人気  (0-0-0-7) 連対率0.0% 複勝率0.0%
 4人気  (1-1-0-7) 連対率22.2% 複勝率22.2%
 5人気  (2-1-0-5) 連対率37.5% 複勝率37.5%
6~9人気 (1-2-3-28) 連対率8.8% 複勝率17.6%
10人気~ (1-2-2-31) 連対率8.3% 複勝率13.9%
◆下級クラス
 1人気  (1-1-1-1) 連対率50.0% 複勝率75.0%
 2人気~ (0-1-0-11) 連対率8.3% 複勝率8.3%

特に目立った傾向は無く、前走OPクラスであれば
あまり前走人気は関係ないと言えそう。
むしろ、ちょっと人気薄だった馬のほうが好走数は多い。
下級クラスからの上がり馬は1人気だったかどうかに注目。


【前走着順】
◆OPクラス
 1着  (3-0-0-9) 連対率25.0% 複勝率25.0%
 2着  (0-0-1-2) 連対率0.0% 複勝率33.3%
 3着  (0-1-1-12) 連対率7.1% 複勝率14.3%
 4着  (0-1-3-2) 連対率16.7% 複勝率66.7%
 5着  (2-0-0-8) 連対率20.0% 複勝率20.0%
6~9着 (1-1-1-21) 連対率8.3% 複勝率12.5%
10着~ (1-3-1-34) 連対率10.3% 複勝率12.8%

前走着順も正直バラバラすぎて絞りづらいですね。
掲示板前後に負けた馬の巻き返しも目立つ印象。

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ CHECK MATE ≫
「関西馬情報を制するものは、競馬を制す」
過去3年の三連単平均は「14万9030円」!
今年も「人気薄関西馬」が激走!?
CBC賞】勝負買目を無料公開!
 先着100名様限定!!
  ▼   ▼   ▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いかんせん中京ではなく阪神開催ということもありますが、
今年はそれに加えて前走成績が極端に悪いメンバーが
揃ってしまった印象で、10着以下に負けてしまった馬が
登録18頭中11頭も居る、まさにカオスな状態。。。
ただ、斤量が増える馬に目をやると3頭居ますが、
アウィルアウェイ、クリノガウディー、レッドアンシェル
どれも人気になりそうなんですよねぇ……
荒れやすい重賞ですが、今年は堅いのか???
個人的には、この3頭なら1200mでの経験値を考えて
アウィルアウェイが一番面白いかな?と見ていますが……

それ以外に注目している穴馬を1頭挙げておきます。
 ⇒人気ブログランキング[穴]へ

阪神の1200mは1戦1勝と相性が良いのか悪いのか
そこは判断しにくいですが、この1勝は前残りの展開を、
後ろから1頭だけ突き抜ける好内容でした。
まあ、斤量に恵まれたレースではありましたが2着馬も
スプリント重賞でそれなりに強い馬でしたからね。
前走は完全に距離が長かったと見て度外視で良いでしょう。
今週も天気が悪いですし、馬場もあまり良いとは言えない
状況になりそう。展開等々すごい難しいですが
「斤量が軽い馬を狙えばいい」というレースでもないので
乗り慣れた鞍上と一発があってもいいかなと思います。

いつもお読み頂きありがとうございます(^^)
週始めの注目馬や本命馬、その他重要データなど
下記ブログランキングの紹介文に記載していますので
クリックしてご覧くださいませ☆

人気ブログランキングへ