こんばんは~、Tomyです。

七夕賞の枠順が確定しましたね~。

今週の予想はこれ一本なので、たまには
枠順確定後の見解でも書こうかなと思います。

近年は前半から速い流れになりやすく、
最初の3Fが34秒台もしくはそれ以上に速い。

ただ、今年は「確たる逃げ馬」が不在なんですよねぇ。
そこをどう見るかも、ひとつのポイントになりそうです。

各馬の近走ペースと位置取りを見ていくなかで
テンがそこそこ速く、前に行きそうな馬といえば
ジナンボーあたりが最も有力な逃げ候補。
しかしながら、外枠に入ったリュヌルージュあたりも
斤量は「52kg」と軽いですからこれが出ていく可能性も。
テンは他に比べれば遅くはないですしね。
あと気になるのは、内枠に入ったパッシングスルーかな。
今回は初めてブリンカーを装着するということは
なるべく揉まれたくないという意図もあるのかなと。
その中でこの枠となると、それなりに出していかないと
道中苦労しそうな気はします。
しかも内枠の経験がほぼ無いですからね、この馬は。

「逃げ馬不在=ドスロー」という場合も多いにありますが
先行していきそうな馬を見ると、あまりそういったペースが
向くとも言えないメンバー構成にも感じます。
かといって、流れればいいわけでもなさそうですが。

なので、現段階では
昨年ほど速くないにしてもミドルペースでは流れる
こう予想しています。

それを踏まえて何頭か考察していきます。

1枠1番  バレリオ
8枠16番 レッドローゼス

週始めに「面白そうな穴馬」として取り上げた2頭ですが
揃って極端な枠になってしまいましたねぇ。
このレースは「最内1番と大外16番」の成績が良くない。
合わせて(0-0-0-18)となっています。
ぼんやりと枠番傾向を見ても、真ん中近辺が一番無難な
印象がありますし、ここをどう考えるかですかね。
現時点では、この2頭どちらかを買うとするならば
レッドローゼスのほうかなぁ。。福島はある程度適性が
あるのと、脚質的に外を回ることになりますから
スムーズには回しやすい枠ではあるので、まだマシかな。


2枠3番 クレッシェンドラヴ
福島巧者ではあるのですが、実際には「4戦1勝」の舞台。
確かに連対しているものの、あまり勝ちきれてはいません。
なので、ベストかと言われるとやや微妙なところも。
ポン駆けは利くタイプですし、乗り込み量も豊富ですから
万全なようにも見えるのですが、日経賞と大阪杯を回避して
7ヶ月半ぶりともなると「レース勘」は少し不安。
昨年の七夕賞よりも、多少ペースが落ち着いた場合は
先行馬に余力が残る分、うまい具合に捲れるとも限らない。
データ的にも「前走ハンデ戦で6着以下」は分が悪いので
今年に関しては、本命にはしにくいシチュエーションかな。

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ WORLD競馬WEB ≫
外からではなく内から見れば
競馬は更に面白く、勝てる!!
サマー2000第1戦!!!
昨年も馬連的中!!
ダービージョッキー大西直宏がお届けする
【七夕賞】
極の3頭を無料で教えます!
  ▼   ▼   ▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4枠7番 エアウィンザー
追い切りからの注目馬として挙げました。
坂路追いの穴馬は、例年は何頭か居るものですが
今年に限ってはこの馬しかいません。期待はしています。
枠ですが、極端な内枠よりは良いかなとは思います。
ただ、もうちょっと外目でもよかったかなぁという印象。
発売開始されてどのくらいの人気になるのか読めない
ところはありますが、少なくともこの馬のなかでは
キャリア最低人気」になることはほぼ確実でしょう。
それもあって買いたいと思う1頭ですね。


6枠12番 ブラヴァス
こちらもそこそこ人気にはなってくるであろう1頭。
前走は重賞初挑戦で4着と、まずまずの結果ではあります。
主にスローからの瞬発力勝負で好走してきた馬ですが、
上がりが掛かった稍重の札幌での1勝クラスでも勝っていて
追い切りを見ても、小回り自体は意外と悪くなさそう。
しかし、不安なのは「多頭数で外目の枠に入ったことが
1度も無い
」という点でしょうね。
これまで10頭前後の少頭数且つ真ん中より内目の枠が
ほとんどでしたし、16頭立ての12番となると始めて。
そこがどう出るかとも思いますし「ハンデ戦のG3経由」
という馬も相性が悪いレース。最終判断は悩みますねぇ。


7枠14番 オセアグレイト
さすがに今回は人気にならなそうですが、穴党の方は
引き続き狙うんだろうなぁと思う馬。
枠はともかくとして、まずペースに対応出きるかどうか。
瞬発力タイプではないですが、ラップ的には前半が緩い
流れの時に好走していることが主で、中距離の持ち時計が
あまり無いので、序盤のペースにどうついていくか。
あと、乗り込み量も些か足りない印象がありますね。
今回はかなり中間から乗り込んでいる馬が多いですし
そういう点でも、一歩下がったかな、という感じ。

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ 老舗競馬総合情報社シンクタンク ≫
信頼すべき有力馬と狙い撃つべき穴馬!!
今週も波乱含みの2重賞!!
 『七夕賞・プロキオンS』
とっておきの穴情報馬を入手済み!!
▼【馬券候補5頭】を無料公開▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

8枠15番 リュヌルージュ
団野騎手が先週の落馬負傷しましたから、誰が乗るかな?
と思っていたら、まさかのミルコ(笑)
いやー、さすがにそこは想像がつかなかったです。
ただ、地味に3回騎乗したことがあるんですねぇ。
牝馬が特に活躍しやすいというわけでも無く斤量的にも
滅茶苦茶軽くはないので、男馬相手にどこまでやれるか
何とも言えませんが、恐らく距離的には1800mより
2000mのほうが合いそう
は合いそう。
最も経験があるのが2000mですが、持ち時計的には
意外なことに2分を切っていないのでもし雨があまり降らず
時計勝負になるようだと、甘さが出そうな印象はある。
内枠だと被されたり行こうとしても行けなかったりの
リスクが上がると思うので、こういう枠のほうがむしろ
良かったかもしれません。これも扱いに悩んでいます。


さて、ここまで7頭の考察をしましたが、
出走馬の中で、比較的良い枠に入ったんじゃないかな?
と思うのは・・・・
 ⇒人気ブログランキング[B]へ

瞬発力はなかなかのモノがある一方で、
5走前のような前傾ラップになった2000mのレースでも
捲る競馬で惜しい2着の競馬を出来ていますし
走法的にも、小回りコースも器用に回れていた印象。
馬格はそんなに大きくはないので、内で揉まれまくる
わけでもなく、外過ぎてロスが大きいわけでもないこの枠
というのは良いんじゃないでしょうか。
連対を外しているのは、いずれも内枠に入った時ですしね。
追い切りの動きもかなり良い印象がありましたから
上位の印を回すことになると思います。
重賞挑戦は久しぶりですが、思えば初挑戦の時も新馬戦から
直行してのもの。そういえば、あの時はこの観点から
軽視してやられたっけなぁ…。

現時点では、まだ10頭くらいまでしか絞れてないので
最終的な判断をどうするか、一晩寝て、明日のレースを
見て考えたいと思います(笑)

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ うまスクエア ≫
“大魔神”の愛称でお馴染み!
 ≪GI馬主・佐々木主浩≫
世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!今週も必見!
 【七夕賞最終結論

 ▼こちらで無料公開!▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いつもお読み頂きありがとうございます(^^)
週始めの注目馬や本命馬、その他重要データなど
下記ブログランキングの紹介文に記載していますので
クリックしてご覧くださいませ☆

人気ブログランキングへ