ホースラディッシュの競馬予想【管理人Tomyのブログ】

主に中央競馬の重賞レースの予想記事を書いています。データ分析・出走馬個別考察・追い切り評価、そして本予想記事に至るまで自由気まま且つほぼ毎日更新!少しでも皆様の予想にお役立てください(^^)

過去のレース傾向などのデータを重要なファクターと捉えつつも、
追い切りや騎手心理、陣営の思惑など、様々な観点から常に楽しみ
そして、年間重賞回収率100%を達成することを小さな目標として
日々予想に励んでいます。
少しでも皆様が競馬を楽しめるように役立つコンテンツを目指していきます(^^)

【2019年実績】
 的中率 34.6% (36/104)  回収率 108.3%

競馬

【神戸新聞杯】追い切り評価

こんばんは~、Tomyです。

神戸新聞杯の追い切り評価をしていきます。

秋緒戦、伝統の菊花賞トライアルが近づいてきましたが
正直言って、なかなか馬券検討が難しいです。
こうして追い切りの動きを見ると、買おうと思ってた馬が
あまり良く見えなかったり、眼中にすら無かった馬が
逆に良く見えたり……どっちを信じるか、ですねぇ。
ただ、個人的には前者のケースで買うのを辞めた場合、
あまり後悔した記憶は無いので、どちらかといえば
追い切りで感じたことを重視しようかな、とは思いますが。

さて、それでは本題に入りましょう~。

※ターキッシュパレスの追い切り映像は無いため割愛

【追い切り評価基準】
◆下記①~③を0.5点刻み10点満点で評価
 ①【気持】前向きさ、集中力、力みの有無など
 ②【動き】手前替え、素軽さ、力強さなど
 ③【時計】ラップの践み方(②加味)※全体の速さではない
◆①~③の合計点数で6段階に分類し総評
 26点以上→【A+】
 25.5点まで→【A】
 23.5点まで→【B+】
 20.5点まで→【B】
 18点まで→【Bー】
 15点まで→【C】

ーーーーー★オススメ予想サイト★ーーーーー
ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ CHECK MATE ≫
「関西馬情報を制するものは、競馬を制す」
現代競馬は西高東低
クイーンS三連単的中!→穴11人気レッドアネモス
キーンランドC三連単的中!→穴9人気ディメンシオン
札幌記念三連単的中!→穴6人気ペルシアンナイト
今週も主役は関西馬!!
神戸新聞杯】勝負買目を無料公開!
 先着100名様限定!!
  ▼   ▼   ▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【B】アイアンバローズ
「気持」6、「動き」6、「時計」6.5
栗東坂路で2頭併せの内目(馬なり)
トビは低めで四肢のブレは少ないものの
首の使い方がいまいちで見映えはしない。
ただ、きっちりと併せた分負荷はかかった。
パッとしませんが、そう悪くはないのかな。

【C】イロゴトシ
「気持」6、「動き」5、「時計」4
栗東坂路で単走(終い一杯)
集中力はあって体いっぱい使えています。
ただ全体時計は速いものの最後は失速。
負荷はかなり掛かったので態勢は整ったと
思いますが、この距離だと甘さが出そう。

【Bー】ヴェルトライゼンデ
「気持」6.5、「動き」5.5、「時計」6
栗東CWで2頭併せの内目(終い一杯)
トビは低い走りで手前替えはまずまず。
想像したよりは重さは無いものの前肢の出は
いまいちで、やや完歩が小さく見えます。
気合い乗りは悪くないのですが。

【A】エンデュミオン
「気持」8、「動き」8、「時計」8.5
栗東坂路で単走(終い一杯)
トビは低めですが脚捌きは素軽くて
後肢の踏み込みも力強い走りで集中力も
あって好感の持てる内容です。
ラップの践み方も良いですし力は出せる。

【C】グランデマーレ
「気持」5.5、「動き」4、「時計」5
栗東CWで2頭併せの内目(一杯)
手前替えにぎこちなさがあって馬体が太い。
脚捌きは前走より硬めで重苦しい動き。
長欠明け且つキャリアの浅さをカバーするほど
良くは見えない。現状でどこまでやれるか。

【B+】コントレイル
「気持」8、「動き」6.5、「時計」6.5
栗東坂路で単走(終い強め)
頭は高いですが春より首の使い方は良化。
集中力という点でも幾らか大人になったかな。
ただ、馬体は太くないものの完歩は少し小さい。
まだまだ良くなる余地はあると思いますけどね。

ーーーーー★オススメ予想サイト★ーーーーー
ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ WORLD競馬WEB ≫
外からではなく内から見れば
競馬は更に面白く、勝てる!!
コントレイル相手でも高配当必至の穴馬とは!?
ダービージョッキー大西直宏がお届けする
【神戸新聞杯】
極の3頭を無料で教えます!
  ▼   ▼   ▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【Bー】ディープキング
「気持」6.5、「動き」5、「時計」6
栗東坂路で2頭併せの内目(一杯)
前肢を掻き込む走りで力強さはありますが
外へ張り気味。ただ負荷はしっかり掛かった。
初めて映像を見るので元々こうなのかは
分かりませんが見映え的にはあまり良くはない。

【Bー】ディープボンド
「気持」6.5、「動き」5.5、「時計」6
栗東CWで単走(終い強め)
手前替えはスムーズで重厚感のある走り。
その一方、素軽さの点では前走のほうが
感じられるので、まだ少し太い気がします。
体のキレが欲しいかな。使って良くなりそう。

【B+】パンサラッサ
「気持」8、「動き」8、「時計」7.5
栗東坂路で2頭併せの内目(仕掛け)
終いだけ少しやる程度で負荷を掛けすぎない
ようにしている印象で、脚捌きは素軽い。
最後は失速しかけるも促されると再加速しようと
していますし、この馬としては好調子。

【A】ビターエンダー
「気持」8、「動き」8、「時計」8
美浦南Wで2頭併せの内目(ほぼ馬なり)
手前替えに少し時間かかるも完歩は大きい走りで
非常に素軽い動き。太め感もありませんね。
最後は少し促されますがその際の反応も良い。
集中力がありますし、仕上がりは良さそう。

【B+】ファルコニア
「気持」7、「動き」7、「時計」7.5
栗東坂路で単走(終い強め)
頭が高く、まだ少しヨレる面はありますが
この馬としては完歩は大きく走れています。
前走に比べて力むところは無くなってきた。
ラップ的にもまとめて来たし良化は感じます。

【A】マイラプソディ
「気持」8.5、「動き」8.5、「時計」8
栗東坂路で単走(終い一杯)
春に坂路を使った時と比べてトビが高くて
フラフラするところもほぼ無くなって体幹良化。
脚捌きの力強さは目立ちますし集中力もある。
これなら変わり身があっても良いと思います。

ーーーーー★オススメ予想サイト★ーーーーー
ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ 老舗競馬総合情報社シンクタンク ≫
信頼すべき有力馬と狙い撃つべき穴馬!!
フィエールマン参戦!オールカマー!
コントレイル始動!神戸新聞杯!

 『オールカマー・神戸新聞杯』
とっておきの穴情報馬を入手済み!!
▼【馬券候補5頭】を無料公開▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【B+】マンオブスピリット
「気持」8、「動き」7、「時計」7
栗東CWで単走(終い強め)
外埒沿いを大きく回して終い重点の内容。
脚捌きに柔らかみがあって集中出来ています。
促されてからの反応も良いですね。
休み明けでもそれなりに仕上がった印象。

【B】メイショウボサツ
「気持」7、「動き」6.5、「時計」6
栗東坂路で2頭併せの外目(一杯)
直線に向くとすぐに手前を替えていますし
前進気勢がしっかりあるのは良いと思います。
最後失速しましたが、馬体を併せてから
もうひと踏ん張りする感じがある。悪くない。

【A】レクセランス
「気持」8、「動き」8、「時計」8
栗東坂路で2頭併せの内目(仕掛け)
こちらも手前替えは素早くて軽快な走り。
ラップの践み方も良いですし、春に比べて
しっかり感も出て来た印象はあります。
これは思ったより成長しているかも。

【Bー】ロバートソンキー
「気持」5.5、「動き」6、「時計」6
美浦坂路で2頭併せの内目(終い一杯)
手前替えの際にリズムが悪く、前肢は力強い
走りですが、後肢の蹴りがいまひとつな印象。
かなり攻めこまれて負荷は掛けられているので
これでピリッとしてくれば。あとは地力面。


★追い切りからの注目馬
 ⇒人気ブログランキング[追切良]へ

コントレイルに関してはまだ上があると思わせる
内容でしたが、変に重いところも無いし上々。
ただ、それに次ぐ人気になりそうなヴェルトライゼンデ
重さはそれほど無いものの、やや走りが小さくて
完調とは言えなそう。頓挫の影響はゼロではない印象。
ディープボンドも、まだ重苦しさが残っているように
感じましたし、2頭とも少し辛めの評価をしました。
そんな中で、ダービーの頃と比べて変わってきそうな
印象を受けたこの馬を、追い切り観点から取り上げます。
春は走ることに集中しきれない部分があったようですが、
今回は、真面目に走りきれそうな雰囲気はありますし
個人的には"クラシックの前"に多少の期待をかけたことを
思い出しつつ、もう一度買ってみたいと思える動き。
さすがにコントレイルに勝てるとは思いませんが…(^_^;)

それにしても参ったなぁ…。
週始めのデータで取り上げた、ディープキングは
追い切りで目立って良いとは思わなかったし
ターキッシュパレスに至っては、映像すら無い(笑)
むしろ、ノーマークだった馬が良く見えたりと
火曜日くらいまで考えてたことそのままには
ならないなぁ。。

ーーーーー★オススメ予想サイト★ーーーーー
ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ うまスクエア ≫
“大魔神”の愛称でお馴染み!
 ≪GI馬主・佐々木主浩≫
世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!今週も必見!!
 【オールカマー最終結論

 ▼こちらで無料公開!▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いつもお読み頂きありがとうございます(^^)
週始めの注目馬や本命馬、その他重要データなど
下記ブログランキングの紹介文に記載していますので
クリックしてご覧くださいませ☆

人気ブログランキングへ

【オールカマー】追い切り評価

こんにちは~、Tomyです。

オールカマーの追い切り評価をしていきます。
複数のレースを予想する週は、レースの発走時刻順に
それぞれの記事を書いていくようにしているのですが、
神戸新聞杯のほうは、水曜段階で追い切りをしておらず
映像が上がってきてない馬が多数いるので
今週に関しては、まずこちらからとします。

フィエールマンの回避は非常に残念ですね…。
軽い熱発とのことですけど、人間も季節の変わり目に
体調を崩すこともしばしばありますが、馬も同じような
ケースはあるのかもしれませんねぇ。
恐らく、ぶっつけでジャパンCに向かうと思いますが
状態面は「最重要チェック項目」として覚えておきます。

さて、それでは本題に入りますね~。

※アウトライアーズは映像が無いため申し訳ないですが割愛

【追い切り評価基準】
◆下記①~③を0.5点刻み10点満点で評価
 ①【気持】前向きさ、集中力、力みの有無など
 ②【動き】手前替え、素軽さ、力強さなど
 ③【時計】ラップの践み方(②加味)※全体の速さではない
◆①~③の合計点数で6段階に分類し総評
 26点以上→【A+】
 25.5点まで→【A】
 23.5点まで→【B+】
 20.5点まで→【B】
 18点まで→【Bー】
 15点まで→【C】

ーーーーー★オススメ予想サイト★ーーーーー
ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
「トレセン」「馬主」「馬産地」に広がる
情報ネットワーク。
超一流のプロフェッショナルが集う
≪ 競馬セブン ≫
【オールカマー】
▼【3点勝負買目】を無料公開▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【C】オウケンムーン
「気持」6、「動き」4、「時計」5
美浦坂路で2頭併せの外目(一杯)
手前替えは素早いものの脚捌きがバラっとして
見えるのと、促されてからの反応も鈍い。
全体的に長欠明けを感じる動きという印象。
まず1つ使ってからかな。さすがに。

【B】カレンブーケドール
「気持」7.5、「動き」6、「時計」6
美浦坂路で2頭併せの内目(終い一杯)
手前替えはキチンと出来ていて集中力はある。
完歩も大きく走れていますが、まだ多少重い。
脚捌きというか動きのキレはもうちょっと。
ある程度態勢は整ったとは思いますが。

【A】クレッシェンドラヴ
「気持」8、「動き」8、「時計」8
美浦南Wで3頭併せの外目(仕掛け)
手前替えはしていませんが気合い乗りは良い。
軽く促されてからの反応も良好で素軽い。
間隔は多少空きましたが特別太め感もないので
十分力は出せる仕上がりでしょう。

【Bー】サンアップルトン
「気持」5、「動き」6、「時計」6
美浦南Wで3頭併せの内目(強め)
直線に向く前から追っ付け加減で前向きさが
いまひとつありませんが、脚捌きは悪くない。
集中力が無いわけではないものの何となく
走っている感があるので、そこがどうかな。

【Bー】ジェネラーレウーノ
「気持」7、「動き」5、「時計」5
美浦坂路で単走(強め)
体つきに太め感は無いものの直線に向いて
手前を替えるも嵌まりが悪くトモが流れ気味。
脚元考慮でトラック追いを出来ないだけに
良い頃の動きと比べればどうしても落ちる。

ーーーーー★オススメ予想サイト★ーーーーー
ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ うまスクエア ≫
“大魔神”の愛称でお馴染み!
 ≪GI馬主・佐々木主浩≫
世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!今週も必見!!
 【オールカマー最終結論

 ▼こちらで無料公開!▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【Bー】ステイフーリッシュ
「気持」6、「動き」5、「時計」5
栗東坂路で2頭併せの外目(終い一杯)
前肢を掻き込んで力強さは感じるものの
完歩は小さく推進力はいまひとつな印象。
元々攻め駆けするタイプではないのですが、
それを差し引いても目立たず。少し重い。

【A】センテリュオ
「気持」8.5、「動き」8.5、「時計」8
栗東坂路で単走(終い一杯)
終い重点の内容で、非常に力強い脚捌き。
集中力もありますし手前替えも上手。
少し間隔は空きましたが動きの良さは目立つ。
天気は気になりますがデキは文句ない。

【B+】ミッキースワロー
「気持」7、「動き」7.5、「時計」7
美浦南Wで2頭併せの内目(仕掛け)
口泡を吹いて力んだ走りですが、
これはいつもどおりで、制御は出来る範疇。
脚捌きや身のこなしは重くなく、まずまず。
休み明けでも十分動ける態勢でしょう。


★追い切りからの注目馬
 ⇒人気ブログランキング[追切良]へ

走りのリズムがまず良いですね。
スロー再生すると分かりやすいのですが、
「右(左)後肢→左(右)後肢→右(左)前肢→左(右)前肢」と
ほぼ乱れの無い流れるようなフォームが目につきます。
今年のオールカマーでは、休み明けの馬が大多数ですが
その中でも、状態の良さが伺える好内容だと思います。
本質的には良馬場がベストなことに違いはありませんが
フィエールマンの回避、また有力視される馬の中には
やや完調とは言えない馬もいますので、総体的に見れば
番狂わせがあっても不思議は無いでしょう。


いつもお読み頂きありがとうございます(^^)
週始めの注目馬や本命馬、その他重要データなど
下記ブログランキングの紹介文に記載していますので
クリックしてご覧くださいませ☆

人気ブログランキングへ

【オールカマー】過去傾向のポイントと出走馬考察

こんにちは~、Tomyです。

昨日は、神戸新聞杯のデータ分析記事を書きましたので
今日はもう一方の重賞【オールカマー】について
書いていきたいと思います。

まずデータから見るのですが、ちょっと今回は
いつもと少し変えて、抑えておきたいポイントを
「3つだけ」に絞ってお届けしようかなと。

というのも、今年の出走登録数は10頭立てですし
メンバーそのものも、少数精鋭といった感じ。
あまり細かいデータで云々やるほどでも無いのでね。

大事なところだけ、ちょこっと書きます。

※データは中山開催過去10回

①脚質

【追い込みは届かない】

 逃げ (2-0-0-8) 連対率20.0% 複勝率20.0%
 先行 (5-4-3-24) 連対率25.0% 複勝率33.3%
 差し (3-5-6-29) 連対率18.6% 複勝率32.6%
 追込 (0-1-1-39) 連対率2.4% 複勝率4.9%

脚質データを見ても分かるとおり追い込みは利かない。
前半はスローになりがち。
後半は3歳戦のセントライト記念と比べると、
やや瞬発力勝負寄りになる傾向にある。
ただ、先週までの馬場状態を鑑みると単なるキレだけでは
ちょっと厳しいかもしれない。


②前走クラス

【格下は苦戦】

 重賞以外 (0-0-2-25) 連対率0.0% 複勝率7.4%
 G3   (1-3-3-43) 連対率8.0% 複勝率14.0%
 G2   (1-0-3-21) 連対率4.0% 複勝率16.0%
 G1   (8-7-2-12) 連対率51.7% 複勝率58.6%
 ※G1は海外含む

G1からの休み明けがかなり強く感じるデータ。
特に強いのが、宝塚記念組で(4-4-2-5)
ただし、今年は該当馬は居ない。
天皇賞(春)からはフィエールマンとミッキースワロー。
このローテーションは(1-1-0-4)と、可もなく不可もなく。

ーーーーー★オススメ予想サイト★ーーーーー
ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ 老舗競馬総合情報社シンクタンク ≫
信頼すべき有力馬と狙い撃つべき穴馬!!
フィエールマン参戦!オールカマー!
コントレイル始動!神戸新聞杯!

 『オールカマー・神戸新聞杯』
とっておきの穴情報馬を入手済み!!
▼【馬券候補5頭】を無料公開▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

③騎手

【乗り替わりは……】

 継続騎乗  (9-8-6-31) 連対率31.5% 複勝率42.6%
 乗り替わり (1-2-2-45) 連対率6.0% 複勝率10.0%
 ※データは前走重賞の馬

明らかに継続騎乗の馬のほうが強い。
ちなみに連対した3頭(※)に関しては全て前走G1。
前走G2以下且つ乗り替わりは(0-0-2-38)と不振傾向。

(※)
18年アルアイン (Cデム→北村友) 前走QE2
17年ルージュバック (戸崎→北村宏) 前走VM
16年サトノノブレス (和田→福永) 前走宝塚記念


以上を踏まえたうえで、登録馬の考察をしていきます。


◆アウトライアーズ
OP昇級後、色んなレースで穴として注目された方も
多いかと思いますが、その間は10戦連続馬券圏外(^_^;)
ただ、前走はようやく自分の力を出せた印象ですね。
追い切りの動きも良かったもんなぁ……。
どのみち外れたので、今さら感は拭えませんがね…。
とはいえ、これだけのメンバーが揃うとどうかな。
う~ん。基本的に厳しいと思います。
よっぽど、馬場がぐちゃぐちゃになって能力どおりに
決まらないような状況にならない限りは。


◆オウケンムーン
久しぶりの出走。実に1年11か月ぶり。
キリ良く(?)中100週で復帰戦を迎えます。
元々は、そんなに後ろからの競馬をするタイプでも
無かったのですが、皐月賞以降は後方からに。
適性そのものは無いとは思いませんが、さすがに
ここは大事に回ってくるだけになるかなぁ。。
仮に仕上がっていたとしても、メンバーレベル的に
厳しいと言わざるを得ない印象です。
この馬も、地味に重賞勝ち馬なんですけどね……。


◆カレンブーケドール
ドバイ遠征はレースを使えず帰国。その後は無理せずに
しっかり秋に備えてここから復帰してきます。
大きな故障をしたわけではないので、そういう面では
心配は無いのですが、それにしてもこれだけ間隔を
空けてのレースは初めてですし、元々叩き良化型でも
あるので、頭から積極的に買いたくはないような……。
京都記念はクロノジェネシス以外はそれほど相手も
強くなくての2着。それより今回のほうが多少は
骨っぽいメンバーでもありますから、追い切りの良し悪し
次第では、ひょっとすると無印もありえます。

ーーーーー★オススメ予想サイト★ーーーーー
ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ WORLD競馬WEB ≫
外からではなく内から見れば
競馬は更に面白く、勝てる!!
コントレイル相手でも高配当必至の穴馬とは!?
ダービージョッキー大西直宏がお届けする
【神戸新聞杯】
極の3頭を無料で教えます!
  ▼   ▼   ▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆クレッシェンドラヴ
昨年のオールカマーでは、スローからの瞬発力勝負に
なってしまい、差し届かずの4着。
この馬としては精一杯走っていましたし、その後の
レースでも、パフォーマンスとしては安定しています。
今の中山は良馬場でも時計が掛かり気味ですから
高速決着は見込めなさそうなのはこの馬にとっては良い。
前走の七夕賞は内田騎手がバビットでラジオNIKKEI賞を
勝った翌週であり、2週連続の重賞制覇でした。
今回も同じ流れなので、バイオリズム的には狙い目
言えるでしょう。


◆サンアップルトン
前走は重賞初挑戦ながら4着と健闘しました。
タイプ的にはクレッシェンドラヴに近いですし
ここで通用してしまってもおかしくは無いようにも
思えるのですが、3歳秋の斤量が軽く済む時期に続けて
勝ってきたことを考えると、このメンバー相手に56kgを
背負って勝負圏内に食い込めるかは微妙なライン。
日経賞を勝ったミッキースワローは内回りより外回り
のほうが合うタイプだと思うので、それより斤量が軽くて
完敗した格好だと、些か足りないようにも感じます。


◆ジェネラーレウーノ
こちらも、オウケンムーンと同じく長欠明け。
屈腱炎からの復帰戦ですが、本来の力を発揮して
持ち前の持続力勝負に持ち込み、それに耐えうるほどの
体力に戻っているかどうかが焦点になるでしょう。
これだけレースを離れていると、スタミナ面でどうしても
不安が出てきますからね。そう思うとこの馬が最後に
出走したAJCCを勝ったシャケトラは偉いなぁ…。
もう1つ気になるのは、鞍上が三浦騎手に替わることか。
まあ、ペース云々で田辺騎手が叩かれたりしてましたけど
正直そのままで良かったような気はします。


◆ステイフーリッシュ
さて、ジェネラーレウーノを降板するかたちになった
田辺騎手が乗るのがこちらの馬です。
(春はスティッフェリオに乗ってたからややこしいw)
京都新聞杯以降、勝ち星が無くG1では通用しませんが
G2だとそこそこ頑張っています。
ただ、G1級の馬には毎回ことごとく先着を許している
ことを考えると今回も、頭は厳しいかなと思いますね。
上がりは全く使えないので、いかに前目につけて
粘り込めるかどうか。早めに他に来られるとキツそう。


◆センテリュオ
前走のマーメイドSは決して得意な馬場状態では
なかったと思いますし、展開も向いたとは言えませんが
実力を示しての2着。ハンデも重めでしたからね。
重賞で馬券に絡んだのは前走だけなのですが、
昨年のエリザベス女王杯では惜しい4着だっただけに
牡馬相手でもやれると思うんですよね、それなりには。
ただ、いかんせん脚質が後ろ過ぎる面があるので
それをテン乗りの戸崎騎手が何とか出来るかどうか。
今の中山は時計が掛かりますが、せめて良馬場なら…。

ーーーーー★オススメ予想サイト★ーーーーー
ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ ベストレコード ≫
メインだけならず平場やWIN5も含め
厳選無料情報を公開中!
毎日更新の無料コンテンツもアリ!
まずはご体感ください!!!
  ▼   ▼   ▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆フィエールマン
毎回レース間隔を空けて出走してくるので、
叩いてどうこうするより、一戦必勝タイプの馬。
長い距離でのスローからの末脚勝負向きですが、
いわゆるコテコテのステイヤーほどズブくは無いので
この距離でも対応は出来ると思いますし、やはりG1を
3つ勝ってる馬ですからね。馬場がどうあれ軽視するのは
なかなか勇気が要ります。
凱旋門賞帰りの有馬記念でもそこそこ頑張れてるあたり
勝負根性もかなりのものがあると思います。
一見、のんびりしてそうなイメージを持つんですけどね。


◆ミッキースワロー
G1だと、所謂「後方まま」になりがちだったのですが
天皇賞(春)ではしぶとく脚を伸ばしての3着。
フィエールマンとは絶対的な距離適性の差は感じましたが
この馬の気分を損ねなければ、どんなコースであれ
ある程度こなしてしまうのが、この馬の強みでしょうか。
6歳ですが、能力の衰えは今のところ感じませんし
中山外回りコースの実績と経験値はメンバー最上位。
ほぼ全馬休み明けの条件で軽視する選択は無いかな。


★現時点での注目馬
 ⇒人気ブログランキングへ

秋開催が開幕してから2週が経ちましたが
例年と比べて、良馬場なのに時計が掛かる不思議な中山。
先週まではBコース、今週からは「Cコース」となりますが
替わった途端にいきなり高速化することは考えにくい。
加えて週中の天気はあまり良くなく、更にタフな状況に
なる可能性も否めませんので、フィエールマンよりこっちに
注目したいと思います。
馬場は不問ですしここのところ安定しているのも良い。
今回も、お馴染みの鞍上とのコンビに目が離せません。


いつもお読み頂きありがとうございます(^^)
週始めの注目馬や本命馬、その他重要データなど
下記ブログランキングの紹介文に記載していますので
クリックしてご覧くださいませ☆

人気ブログランキングへ
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
Twitterアカウントはこちら↓↓
競馬に関すること、どうでもいいこと、面白いこと、つまらないこと、役に立つこと、役に立たないこと、何でも気ままにつぶやきます(笑)
お問い合わせ

管理人Tomyへのお問い合わせはこちら。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
記事検索

人気ブログランキングへ
記事検索
月別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
管理人プロフィール

Tomy

主にJRAの重賞を日々楽しく予想している30代前半のごくごく普通のサラリーマンです。皆様の予想に役立つような記事をお届けできるよう精進しています!

カテゴリー
プライバシーポリシー