ホースラディッシュの競馬予想【管理人Tomyのブログ】

主に中央競馬の重賞レースの予想記事を書いています。データ分析・出走馬個別考察・追い切り評価、そして本予想記事に至るまで自由気まま且つほぼ毎日更新!少しでも皆様の予想にお役立てください(^^)

過去のレース傾向などのデータを重要なファクターと捉えつつも、
追い切りや騎手心理、陣営の思惑など、様々な観点から常に楽しみ
そして、年間重賞回収率100%を達成することを小さな目標として
日々予想に励んでいます。
少しでも皆様が競馬を楽しめるように役立つコンテンツを目指していきます(^^)

【2019年実績】
 的中率 34.6% (36/104)  回収率 108.3%

京成杯

【京成杯】本予想

こんばんは~、Tomyです。

京成杯の本予想をしていきます。
昨日の中山は午前中は雪、午後も雨が降って馬場は
稍重までになってしまいましたねぇ。
内側が緩くなって、直線では外に持ち出した馬が
上位に来ているケースが目立ちました。
今日の天気は晴れにはなっていますが、
やはり今日の影響は多少残るかもなぁと思います。
特に、緩かった内側がかえって践み荒らされてなく
外側のほうが傷んだのであれば、逆に内伸びになる
可能性と往々にしてありそうですね。
京都に比べれば、まだタフな状態にはなっていない
とは思いますがそれでも多少時計は掛かるかな。

展開的にはヒュッゲが単騎逃げを打つと予想。
ロールオブサンダー、スカイグルーヴなどもいますが
どちらもハナには拘らない気がしますね。
前者は元々差して勝ったこともありますし、
後者も前走はたまたま逃げることになっただけで
本質的に逃げ馬というわけでは無さそうですからね。
ヒュッゲに関しては、陣営も言っているとおり
現状は逃げるほうがいいのかなと思いますが。
ペースはそれほど流れないでしょうが、平均ペース
くらいは想定していて、馬場状態を踏まえると
ある程度パワーは必要になってくるのではないでしょうか?
瞬発力勝負にはならないと践んで。


◎ヒュッゲ
ゼノヴァース
▲ロールオブサンダー
☆ビターエンダー
△ディアスティマ
注クリスタルブラック

【買い目・配分想定】
 馬連 ◎ー○ ×6
    ◎ー▲ ×5
    ◎ー☆△ ×4
    ◎ー注 ×3
 三連複 ◎ー○▲☆△注
 ※レース発走30分前までは変更の可能性あり

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ WORLD競馬WEB ≫
昨年師走のG1は5連勝締め!
今週もダービージョッキー大西直宏が
【京成杯】
『極の3頭』を無料で教えます!
  ▼   ▼   ▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎ヒュッゲ
新馬戦は後ろからの競馬で伸びを欠きましたが
その後の2戦は自分で逃げてレースを作り快勝。
前走はスローでしたが、2走前にはミドルペースで
上がりが掛かる展開で勝っており、力の要る馬場への
対応力も示していた格好で、瞬発力というよりは
持続力型なのかなと思います。
追い切りも非常に集中力を感じましたし、精神的にも
だいぶ前向きさが出てきた様子。
過去の傾向的には逃げ馬に特別有利なレースでもない
ところですが、馬場も含めて評価を上げました。
中間に雨が降らないのなら消そうかと思ったくらい。

ゼノヴァース
デビューから2戦は東京でキレ負けした格好ですが
前走は中山に変わって少し前目につけ、内から抜け出す
競馬での初勝利。ラップ的にも京成杯でも勝てる水準に
ある優秀なものでした。
そうしたこともあって、水曜日まではこの馬に本命を
打とうかと考えていたのですが、思っていたほど
追い切りの動きが物足りなく感じてしまい対抗に。
とはいっても、厩舎的に追い切りの善し悪しはかなり
判断しづらいところもあるので、前走みたいな競馬が
出来るなら頭まであるかな。
ディープ産駒ですが母父がサドラーズウェルズですし
この馬もまた、瞬発力勝負より持続力勝負のほうが
良さが出そうなタイプと見ています。

▲ロールオブサンダー
前走は完敗ではありますが、負けた2頭がかなり
強かった印象で、特にマイラプソディについては
恐らく次走でもかなり人気になると思いますし
個人的にも期待しているクラシック候補の1頭。
前傾寄りのペースで苦しい競馬になった割には
最後まで踏ん張れていたと思いますし、
少なくとも前走よりはチャンスがありそうなメンバー構成。
ハナに拘らなくても大丈夫なのは新馬戦で証明済で
上がり34秒前半が要求されなさそうな馬場もプラスか。
あとは関東の輸送をうまくクリア出来ていれば。

☆ビターエンダー
前走は東京の高速馬場ではあったのですが
未勝利戦にしては、それほどスローというわけでもなかった
ペースで前目につけ、直線で抜け出す競馬。
2着以下にきっちりと差をつけているのも良いですね。
舞台は中山に変わりますが、ドスローよりも
こうしたペースを経験しているほうが対応しやすいかなと。
追い切りの動きも、ヒュッゲに負けず劣らず良く
見えましたし、この枠からでもチャンスあり。

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ うまスクエア ≫
“大魔神”の愛称でお馴染み!
 ≪GI馬主・佐々木主浩≫
世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!今週も必見!
 【京成杯最終結論

 ▼こちらで無料公開!▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

△ディアスティマ
こちらもまた、新馬戦である程度のミドルペースを
先行して勝ってきており、やはりキレでは若干劣るタイプ。
もう少し距離が伸びても良さそうな印象で
長く脚を使えるイメージがありますね、今のところ。
前走はヒュッゲに逃げきられましたけど、ゴール前では
差を詰めていましたし、立ち回り次第で浮上。
週始めのデータでも紹介したとおり押さえてはおきたい。

注クリスタルブラック
最後に穴目の馬を1頭。(そんなに穴でもないか(^_^;)
前走はスローで、とても後ろから届くとは思えない
展開にも思えましたが、道中外を回しておきながら
最後まで脚色鈍ることなく勝ちきった点に着目。
今回はペースこそ多少流れそうですが、枠も前回と
同じく内枠。脚を溜めて直線ズドンがあるならこの馬。


最後まで悩んだ結果、
スカイグルーヴは無印としました。
前走はスピードの違いでハナに立っただけですし
もっといろんな競馬も出来るとは思います。
フォームも綺麗ですし、今後は楽しみな馬です。
ただ、前走は楽々とスピードに乗れる高速馬場。
直線もほぼ追わずに勝っているのは能力の高さを
物語っているとも言えますが、逆に考えると
「しっかり追われたことがない」というのは若い馬に
とってはマイナスになることも往々にしてある。
展開やコース、馬場などがガラリと変わって
力を出しきれないというのが今年はかなり目立ちます。
ここのところ、圧倒的人気に推された牝馬が凡走続き
というのも流れとしては気になるところ。
リアアメリア、ルーツドール、アヌラーダプラ……。
と、言っているとサッと勝たれそうなのが怖いが(笑)
牡馬はサリオス、コントレイル、マイラプソディと
ここまでの重賞では今のところ圧倒的支持に応えてますが
どうも牝馬は混沌としている印象。
まだまだ勢力図は不明ですね。

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ ベストレコード ≫
メインだけならず平場やWIN5も含め
厳選無料情報を公開中!
毎日更新の無料コンテンツもアリ!
まずはご体感ください!!!
  ▼   ▼   ▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いつもお読み頂きありがとうございます(^^)
週始めの注目馬や本命馬、その他重要データなど
下記ブログランキングの紹介文に記載していますので
クリックしてご覧くださいませ☆

人気ブログランキングへ

【京成杯】追い切り評価

こんばんは~、Tomyです。

今日の関東地方は雨がしとしとと降っていますが
明日の午前中にかけて雪が降る可能性があるそうで
中山競馬の前日発売も取り止めになったみたい。。
大雪ってことはないにせよ、湿った馬場で開催となると
日曜日にも多少影響が出そうですよねー。気になるところ。

それでは京成杯の追い切り評価をしていきます。
なお、リメンバーメモリー、チュウワジョーダンについては
映像がありませんので無評価とさせて頂きます。


【追い切り評価基準】
◆下記①~③を0.5点刻みの10点満点で評価
 ①【気持】前向きさ、集中力、力みの有無など
 ②【動き】手前替え、素軽さ、力強さなど
 ③【時計】ラップの践み方(②加味)※全体の速さではない
◆①~③の合計点数で5段階に分類し総評
 26点以上→A+
 24点以上→A
 21点以上→B+
 16点以上→B
 15点以下→C

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ 老舗競馬総合情報社シンクタンク ≫
信頼すべき有力馬と狙い撃つべき穴馬!
中山金杯では万馬券的中!!今週もお見逃しなく!
 『愛知杯・京成杯・日経新春杯』
穴情報馬を狙い撃つ!!
▼【馬券候補5頭】を無料公開▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【B】キムケンドリーム
「気持」6、「動き」5、「時計」5
栗東坂路で2頭併せの外目(強め)
脚捌きが少し硬めで終始右手前のまま。
集中できていますが、軸がややブレ気味な
ところはあり、力強さが物足りず。

【B】キングオブドラゴン
「気持」6、「動き」7、「時計」7
栗東CWで3頭併せの外目(仕掛け)
少し馬銜を咬む面が見られますが手前替えは
早くて大きい動きの割には素軽さもあり。
瞬発力は無さそうも、パワーは有るのかな。

【B】クリスタルブラック
「気持」6.5、「動き」6.5、「時計」6.5
美浦坂路で2頭併せの外目(ほぼ馬なり)
トビは低めで少し非力か、と思いきや
手前を替えてからは意外としっかりと伸びる。
前進気勢もありますし、力は出せそう。

【B+】スカイグルーヴ
「気持」7.5、「動き」7.5、「時計」7.5
美浦南Wで3頭併せの内目(仕掛け)
前肢を高くあげて完歩も大きく力強い走り。
負荷もかけつつ、終い重点の内容は良いですね。
あとは、レースで追われた時にどうか。

【B】ゼノヴァース
「気持」6、「動き」6、「時計」6
美浦南Wで2頭併せの内目(馬なり)
負荷はそれほど掛けずに軽めの調整。
手前替えが遅く特別見栄えもしませんが
他に悪いところも無く脚捌きは素軽い

【B】ディアスティマ
「気持」7、「動き」7、「時計」6
栗東Pで2頭併せの内目(一杯)
手前替えは早くスムーズで脚捌きも柔らかく
前進気勢も感じますし悪くない動き。
追われてからもじわじわ伸びる感じ。

【A】ヒュッゲ
「気持」8、「動き」8、「時計」8
栗東坂路で単走(馬なり)
前肢を高く上げ力強い脚捌きで完歩も大きい。
他馬に寄られる場面はありましたが落ち着いて
やり過ごして最後までしっかり集中。

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ WORLD競馬WEB ≫
昨年師走のG1は5連勝締め!
今週もダービージョッキー大西直宏が
【京成杯】
『極の3頭』を無料で教えます!
  ▼   ▼   ▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【A】ビターエンダー
「気持」8、「動き」8、「時計」8
美浦南Wで2頭併せの外目(仕掛け)
手前替えは早く軽快さが目立つも力強さあり。
前進気勢もしっかりしており全体的に良く見せる。
どちらかといえば前輪駆動タイプか。

【B】ロールオブサンダー
「気持」6、「動き」6、「時計」7
栗東坂路で単走(仕掛け)
直線に向いてから手前をコロコロ替えている
というのは気がかりですが、脚捌きは力強く
ラップの践み方は悪くない。まずまず。

【B+】ヴィアメント
「気持」7、「動き」7.5、「時計」6.5
美浦南Wで2頭併せの内目(仕掛け)
仕掛けられると手前を右に戻してきっちり反応。
どちらかといえば左回りのほうがいいかも。
ただ、動きは素軽いですし調子は良さそう。


★追い切りからの注目馬
 ⇒人気ブログランキングへ

キャリアが浅い馬たちですし、幼さが残るのは
多少大目に見るべきでしょうけど、注目したいのは
この馬ですかね。
自分の走りに集中出来ている点が良かったと思います。
パドックでテンションが高いのは課題ですが
レースでは、徐々に真面目に走れるようになっている
とのことですし、立ち回り次第ではここも勝てるかも。

毎日更新【無料】高精度競馬情報ベストレコード

いつもお読み頂きありがとうございます(^^)
週始めの注目馬や本命馬、その他重要データなど
下記ブログランキングの紹介文に記載していますので
クリックしてご覧くださいませ☆

人気ブログランキングへ

【京成杯】データ分析

こんばんは~、Tomyです。

えー……ちょっと個人的なことを言わせてください(笑)
先週は3日間競馬ですから、次の週末までの猶予が普段より
短いがゆえ、記事を書くにも時間的な余裕が無い…(^_^;)
それなのに仕事が忙しくて、精神的にかなり切羽詰まって
おりますが、なんとか今夜には書いておかないと!
と思いまして、どうにかこうにか書いています…えぇ。

それでは京成杯のデータ分析をしていきます。
登録頭数は17頭で、割りと揃った印象がありますが
こりゃまた難解なメンバー…。
最近、世代限定戦が苦手になりつつあるので
このあたりで1つ当てたいところです。

以下、過去10年の傾向です。

【性別】
 牝馬 (0-0-0-9) 連対率0.0% 複勝率0.0%

牝馬の参戦はごく少数で、このうち人気になっていたのは
11年のヌーベルバーグ(4人気10着)くらいで、
他はほぼ二桁人気ばかり。今年はスカイグルーヴが出走。
想定人気では現状、1人気ですが果たして……?


【所属】
 美浦 (6-5-6-81) 連対率11.2% 複勝率17.3%
 栗東 (3-5-4-35) 連対率17.0% 複勝率25.5%
 他  (1-0-0-1) 連対率50.0% 複勝率50.0%

中山開催ですが、関西馬も比較的参戦は多く好走率も高め。
今年も現時点では7頭の関西馬が登録。


【枠番】
 1枠 (1-0-3-10) 連対率7.1% 複勝率28.6%
 2枠 (0-1-2-14) 連対率5.9% 複勝率17.6%
 3枠 (1-1-2-13) 連対率11.8% 複勝率23.5%
 4枠 (1-2-1-14) 連対率16.7% 複勝率22.2%
 5枠 (2-2-0-16) 連対率20.0% 複勝率20.0%
 6枠 (2-1-2-15) 連対率15.0% 複勝率25.0%
 7枠 (0-0-0-20) 連対率0.0% 複勝率0.0%
 8枠 (3-3-0-15) 連対率28.6% 複勝率28.6%

中山内回りの2000mにしては、8枠の成績も悪くない。
馬場もだいぶ痛んでくる頃ですし、意外と内枠有利という
ほどではないようで、多頭数の年でも複数絡んでいます。
その他、あまり気にしなくてもいいかもしれませんが
7枠だけ何故か死に枠状態。今年はどうか。

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ 老舗競馬総合情報社シンクタンク ≫
信頼すべき有力馬と狙い撃つべき穴馬!
中山金杯では万馬券的中!!今週もお見逃しなく!
 『愛知杯・京成杯・日経新春杯』
穴情報馬を狙い撃つ!!
▼【馬券候補5頭】を無料公開▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【脚質・上がり】
 逃げ (0-1-0-9)  連対率10.0% 複勝率10.0%
 先行 (5-2-3-30) 連対率17.5% 複勝率25.0%
 差し (5-4-2-42) 連対率17.0% 複勝率20.8%
 追込 (0-3-4-36) 連対率7.0% 複勝率16.3%
 捲り (0-0-1-0)  連対率0.0% 複勝率100%

 1位  (2-4-1-5) 連対率50.0% 複勝率58.3%
 2位  (2-1-4-5) 連対率25.0% 複勝率58.3%
 3位  (4-1-1-5) 連対率45.5% 複勝率54.5%
4~5位 (1-2-2-14) 連対率15.8% 複勝率26.3%
 6位~ (1-2-2-88) 連対率3.2% 複勝率5.4%

極端に前傾に寄ったり後傾に寄ったりすることは
意外と少なく、どちらかというとロングスパート勝負に
なりやすいレース傾向。
上がり3Fは35~36秒ほどなのでトップスピードは不要。
(あまりにも上がりが使えないのも良くないが)
勝ち時計的にはホープフルSに近いものの、馬場も荒れる
時期だけにタフさも要求されてきます。


【キャリア】
 1戦  (1-0-3-15) 連対率5.3% 複勝率21.1%
 2戦  (1-2-1-25) 連対率10.3% 複勝率13.8%
 3戦  (6-4-2-27) 連対率25.6% 複勝率30.8%
 4戦  (2-3-0-14) 連対率26.3% 複勝率26.3%
 5戦  (0-1-2-20) 連対率4.3% 複勝率13.0%
 6戦~ (0-0-2-16) 連対率0.0% 複勝率11.1%


近年、新馬戦からの直行で好走してくる馬もいますが
それらは基本的に、馬格がそれほど大きくない馬。
「前走新馬戦かつ前走480kg以上」は(0-0-1-11)
馬格がある馬は成長に時間が掛かることが多いのかも。
その一方、キャリアが多すぎても良くない。


【前走クラス】
 新馬   (1-0-3-15)  連対率5.3% 複勝率21.1%
 未勝利  (1-3-1-22)  連対率14.8% 複勝率18.5%
 1勝    (5-2-2-31)  連対率17.5% 複勝率22.5%
 OP特別  (2-0-2-15) 連対率10.5% 複勝率21.1%
 GⅢ    (0-3-1-15) 連対率15.8% 複勝率21.1%
 G Ⅱ    (0-1-1-9)  連対率9.1% 複勝率18.2%
 G Ⅰ    (1-1-0-10) 連対率16.7% 複勝率16.7%

どんなクラスからでも好走馬が複数出ていて
これだけ見ると、さほど大きな偏りはありません。


【前走レース】
 朝日杯FS   (1-1-0-8) 連対率20.0% 複勝率20.0%
 ホープフルS (1-1-3-20) 連対率8.0% 複勝率20.0%
 葉牡丹賞   (2-2-1-4) 連対率44.4% 複勝率55.6%
 エリカ賞   (2-0-1-5) 連対率25.0% 複勝率37.5%
 (他1勝)   (1-0-0-29) 連対率3.3% 複勝率3.3%

OPクラスでは、朝日杯FSあるいはOP特別時代を含めた
ホープフルSを経由しての参戦が多め。
ただし今年は出走無し。
1勝クラス経由の好走馬の多くは、葉牡丹賞組または
エリカ賞組がほとんど。今年は残念ながら葉牡丹賞組は
いませんので、エリカ賞組に注目してみたいところ。

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ うまスクエア ≫
“大魔神”の愛称でお馴染み!
 ≪GI馬主・佐々木主浩≫
世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!今週も必見!
 【京成杯最終結論

 ▼こちらで無料公開!▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【前走人気】
 1人気  (3-3-1-13) 連対率30.0% 複勝率35.0%
 2人気  (3-0-0-16) 連対率15.8% 複勝率15.8%
 3人気  (1-2-2-15) 連対率15.0% 複勝率25.0%
 4人気  (1-3-0-8) 連対率33.3% 複勝率33.3%
 5人気  (0-0-2-11) 連対率0.0% 複勝率15.4%
6~9人気 (2-1-5-32) 連対率7.5% 複勝率20.0%
10人気~ (0-1-0-22) 連対率4.3% 複勝率4.3%

前走極端な人気薄だった馬の好走は厳しいものの
中穴程度であれば、それなりに馬券に絡みます。
下級クラスで6~9人気だった馬も、5頭好走。


【前走着差】※負けた馬
 0.0秒    (0-0-0-1) 連対率0.0%  複勝率0.0%
 0.1~0.2秒 (1-3-2-11) 連対率23.5% 複勝率35.3%
 0.3~0.5秒 (3-3-1-10) 連対率35.3% 複勝率41.2%
 0.6秒 ~   (0-0-1-46) 連対率0.0%  複勝率2.1%

前走「0.6秒以上負けた馬」の巻き返しはかなり厳しい。


★データから見る注目馬
・前走芝の1勝クラス以上
・前走上がり2位以内かつ5着以内
関西の牡馬

上記3つの条件を満たす馬(過去10年)
 (3-3-2-2) 連対率60.0% 複勝率80.0%
 単回収値 188、複回収値 155


今年該当する 1頭 はこの馬
 ⇒ディアスティマ

直線は短く、ゴール前の坂があるコース形態と
時期的な要因もあって、トップスピードが要求される
レースではないとはいえ、前走それなりに末脚を見せて
いた馬に関しては、評価しておきたいところ。
今年の出走メンバーを見た第一印象は、
人気が想定されるスカイグルーヴ、ヒュッゲあたりも含め
逃げた経験しかない、もしくは逃げでしか結果を出してない
といった馬がかなり多く見受けられます。
頭数もある程度は揃いますし、これらの馬たちがどういった
位置取りでどんな競馬をするのか、出来るのかというのは
正直未知数なところが大きいです。
この馬をはじめ、好位や中団からのレースでしっかりと
結果を出している馬を中心に考えてみるのも面白い。

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ ベストレコード ≫
メインだけならず平場やWIN5も含め
厳選無料情報を公開中!
毎日更新の無料コンテンツもアリ!
まずはご体感ください!!!
  ▼   ▼   ▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いつもお読み頂きありがとうございます(^^)
週始めの注目馬や本命馬、その他重要データなど
下記ブログランキングの紹介文に記載していますので
クリックしてご覧くださいませ☆

人気ブログランキングへ
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
Twitterアカウントはこちら↓↓
競馬に関すること、どうでもいいこと、面白いこと、つまらないこと、役に立つこと、役に立たないこと、何でも気ままにつぶやきます(笑)
お問い合わせ

管理人Tomyへのお問い合わせはこちら。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
記事検索

人気ブログランキングへ
記事検索
月別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
管理人プロフィール

Tomy

主にJRAの重賞を日々楽しく予想している30代前半のごくごく普通のサラリーマンです。皆様の予想に役立つような記事をお届けできるよう精進しています!

カテゴリー
プライバシーポリシー