ホースラディッシュの競馬予想【管理人Tomyのブログ】

主に中央競馬の重賞レースの予想記事を書いています。データ分析・出走馬個別考察・追い切り評価、そして本予想記事に至るまで自由気まま且つほぼ毎日更新!少しでも皆様の予想にお役立てください(^^)

過去のレース傾向などのデータを重要なファクターと捉えつつも、
追い切りや騎手心理、陣営の思惑など、様々な観点から常に楽しみ
そして、年間重賞回収率100%を達成することを小さな目標として
日々予想に励んでいます。
少しでも皆様が競馬を楽しめるように役立つコンテンツを目指していきます(^^)

【2019年実績】
 的中率 34.6% (36/104)  回収率 108.3%

競馬予想

【大阪杯】追い切り評価

こんばんは~、Tomyです。

大阪杯の追い切り評価をしていきます。
出走予定12頭全ての映像をチェックできましたので
今日もじっくりと考察したいと思います。

【追い切り評価基準】
◆下記①~③を0.5点刻み10点満点で評価
 ①【気持】前向きさ、集中力、力みの有無など
 ②【動き】手前替え、素軽さ、力強さなど
 ③【時計】ラップの践み方(②加味)※全体の速さではない
◆①~③の合計点数で6段階に分類し総評
 26点以上→【A+】
 25.5点まで→【A】
 23.5点まで→【B+】
 20.5点まで→【B】
 18点まで→【Bー】
 15点まで→【C】

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ CHECK MATE ≫
「関西馬情報を制するものは、競馬を制す」
過去5年は関西馬が馬券圏内独占!!
今年も関西馬中心でか!?
大阪杯】勝負買目を無料公開!
  ▼   ▼   ▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【B+】カデナ
「気持」7.5、「動き」7.5、「時計」6
栗東坂路で単走(終い一杯)
脚捌きに力強さがありますし前進気勢も
感じられ、手前は2度替えていますがスムーズ。
年明け2回使っていますけどデキ落ち感は無く
この馬なりの力は出せそうです。好調。

【A+】クロノジェネシス
「気持」8.5、「動き」9、「時計」8.5
栗東CWで2頭併せの内目(ほぼ馬なり)
脚捌きや身のこなしは前走より更に素軽く
集中も出来ていますし折り合い面も問題なさそう。
落ち着いて走れていて且つ動きは文句無い。
2走ボケは感じませんしここは万全のデキでしょう。

【A】サトノソルタス
「気持」8、「動き」8.5、「時計」8
美浦南Wで2頭併せの外目(ほぼ馬なり)
手前替えは素早く、真っ直ぐ前を向いて走れて
いますし集中力を感じますね。乗り手を引っ張る
ような気合い乗りの良さもありますし好印象。
相手は強いですが、この馬なりに良い動き。

【Bー】ジナンボー
「気持」5.5、「動き」6、「時計」6.5
美浦南Wで2頭併せの内目(仕掛け)
サトノソルタスと併せていますがこちらは
手前替えにぎこちなさがあり少し掛かり気味で
動き自体に重さは感じませんが気持ちに余裕が
あまり無い感じ。状態は悪くないのでしょうけど。

【B】ステイフーリッシュ
「気持」6.5、「動き」6、「時計」6
栗東坂路で2頭併せの内目(一杯)
コントレイルと併せており明らかに手応えで
見れば劣っていますが、いつもこんな動きなので。
負荷はかなり掛けてきた印象はありますし
この馬なりに頑張って動いてはいるほう。

【A】ダノンキングリー
「気持」8.5、「動き」8.5、「時計」8
美浦南Wで単走(馬なり)
手前替えはスムーズで完歩は大きく素軽い走り。
馬なりでもしっかり集中してヤル気十分。
前進気勢も感じられますし上積みもあるかな?
デキそのものに不安はないでしょう。

【B+】ブラストワンピース
「気持」7.5、「動き」8、「時計」7.5
美浦南Wで2頭併せの内目(ほぼ馬なり)
脚捌きは相変わらず力強く迫力のある動き。
集中出来ていますが、手前替えが僅かに遅いか。
前走に比べると、力みも無くなっていますし
デキも良いと思います。パワー馬場なら強力。

【C】マカヒキ
「気持」5.5、「動き」5.5、「時計」5.5
栗東坂路で2頭併せの内目(馬なり)
トビがやや低めで前肢に硬さが感じられます。
力強さはあるのですが、少しフワフワする
ところも見られ、昨年と比べるとモッサリ感。
7歳で休み明け…いつもどおり後ろからになりそう。

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ WORLD競馬WEB ≫
外からではなく内から見れば
競馬は更に面白く、勝てる!!
ダービージョッキー大西直宏がお届けする
【大阪杯】
過去10年の的中率なんと70%のドル箱G1!
極の3頭を無料で教えます!
  ▼   ▼   ▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【B+】ラッキーライラック
「気持」8.5、「動き」7.5、「時計」7.5
栗東CWで単走(仕掛け)
前進気勢は強く気分良く走れていますね。
若干いつもより完歩が小さいような気もしますが
脚捌きは柔らかいですし使った上積みは感じる。
この馬としては良い状態でしょうね。

【A】レッドジェニアル
「気持」8、「動き」8、「時計」8
栗東坂路で2頭併せの内目(仕掛け)
手前替えをしていないものの脚捌きは力強く
前向きさも出てきたような印象ですし
ここ最近の中では、一番動きも良く感じます。
加速ラップも践めていますし意外と好印象。

【B】ロードマイウェイ
「気持」6、「動き」6.5、「時計」6
栗東坂路で単走(馬なり)
少し折り合いが難しそうな雰囲気がありますが
完歩は大きく走れていて力強さは感じます。
ただ、脚捌きそのものはバタバタしていて
そんなに見映えしないかな。前走よりは良さそう。

【B+】ワグネリアン
「気持」7.5、「動き」8.5、「時計」7.5
栗東坂路で単走(馬なり)
軽めの調整ですが、トビは高くて力強い走り。
時計的には緩い分、頭を上げたところはありますが
我慢は出来たかな。休み明けでも元気一杯。
左手前に替えてからの脚捌きも良いと思います。



★追い切りからの注目馬
 ⇒人気ブログランキングへ

あまり強く推せるほどメンバー的に甘くないですが、
自分なりの力は出せそうだな、と感じたので。
右回りという点はカギですが追い切りの脚捌きや
手前替えを見る限りでは問題無さそう。
実績的に物足りないのは当たり前ですが
脚質を考えると、チャンスが無いことは無さそう。
あとは枠順ですねぇ。内目を引けたら良いですね。
買うかどうか悩ませてくれる1頭。


いつもお読み頂きありがとうございます(^^)
週始めの注目馬や本命馬、その他重要データなど
下記ブログランキングの紹介文に記載していますので
クリックしてご覧くださいませ☆

人気ブログランキングへ
ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
「トレセン」「馬主」「馬産地」に広がる
情報ネットワーク。
超一流のプロフェッショナルが集う
≪ 競馬セブン ≫
【大阪杯】
▼【3点勝負買目】を無料公開▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【大阪杯】全頭分析 Part.2

こんにちは~、Tomyです。

大阪杯の全頭分析「Part.2」です。
「Part.1」では主に人気薄の馬たちが中心でしたが
今回は後半ということで、人気馬が中心かな??
名前の順に書いているだけなので、特に深い意味は
ないんですけどね(笑)

さて、それでは早速いきましょう。


■ブラストワンピース
距離短縮時に"ピン"であることが多いので、今回のような
臨戦過程は良いと思いますが、唯一距離短縮で"パー"だった
レースが、大外ぶん回しで全く届かなかった昨年の大阪杯。
キレるというよりパワーでガツガツ進むタイプの印象で、
一度ブレーキが掛かるとエンジンを再点火するのは大変
不利やロスの無いスムーズな立ち回りが求められます。
昨年のリベンジなるか注目の1頭ではあるのですが、
馬券圏外に飛んだのは大阪杯を含めて4回ありますが
このうち、大阪杯以外の3回についてはいずれも
人気ブログランキング[B]へだったというのは少々気掛かり。
ハービンジャー産駒と阪神芝2000mは非常に相性が
良いハズなのですが
、そもそも得手不得手が
他の産駒と違う可能性もあるかもなぁとも思います。
逆に、宝塚記念が行われる阪神芝2200mですと
ハービンジャー産駒は未勝利で、相性が悪い傾向ですが
この馬に限っては、むしろ合うということも考えられます。
頭の中でレースを想像すると……宝塚記念のほうが来そうな
気もしないでもない(笑)
軸にするなら頭固定が合うタイプなのかなと思いますが、
個人的には馬券の相性があんまり良くないので、
重視するにしても軽視するにしてもどのみち怖い…です。


■マカヒキ
もう7歳になりましたが実はそれほど能力そのものには
衰えを感じないのがこの馬の今の印象です。
なんとかもう1回勝つ姿を見たい馬でもありますが
良馬場でトップスピードが求められるようなレースには
基本的に合わなくなってきて
おり、追走力もあまり
無いために、なかなか勝てるチャンスは限られるかなぁ。
衰えが無いと書きましたが、スピードやキレが無くなった分
パワーは増した、という意味です。相殺されてということ。
ここのところ馬券に絡んだのは、やや時計の掛かった
京都記念と、洋芝の札幌記念です。
したがって、昨年のジャパンCで4着と奮闘したことに
ついてはあまり不思議には思っていません。
あれだけ後方で溜めてさえいれば、最後はそれなりに
伸びてくることは想定していました。位置取り的に
届かないだろうなぁとも思っていましたが。
なので、あれを見て"復調した"とは全く考えていませんし
個人的には「いつものマカヒキだな」という感じ。
昨年の大阪杯もやや時計が掛かる馬場でしたが、
内枠を利して4着まで詰めて来ていましたし、
今年も昨年のような馬場になれば上の着順に来そうです。
ただ、位置取り的に届かないという可能性も高いので、
積極的には狙えないかな。昨年と違って休み明けですしね。

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ 老舗競馬総合情報社シンクタンク ≫
先週もズバリ高松宮記念的中!!
信頼すべき有力馬と狙い撃つべき穴馬!!
 『大阪杯』
穴情報馬を狙い撃つ!!
▼【馬券候補5頭】を無料公開▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■ラッキーライラック
掲示板を外したのは、状態が万全でなかった秋華賞、
窮屈な競馬になってしまった阪神牝馬Sの2つのみで
あとは非常に安定感のある走りで、3歳春以降なかなか
勝ち運には恵まれませんでしたが昨年のエリザベス女王杯で
久しぶりに勝利を飾ることとなりました。
初めての海外遠征かつ距離延長だった香港ヴァーズでも
きっちりと好走していますし、そこから距離短縮となった
前走の中山記念も休み明けとしては上々の2着。
様々な距離やペース、そしてコースに柔軟に対応出来る
という点がこの馬の良いところですね。
非常に競馬センスが良く、ここも大崩れは想像し難い。
あまり不安要素は見当たりませんが、強いて挙げるなら
時計が極端に掛かる馬場を経験していないことでしょうか。
"速すぎる"よりは良いと思いますが、未知は未知。
阪神内回りは初めてですが、そこは心配していないかな。
色々な距離に対応してはいますけど、本質的には今だと
1600mでは、少し忙しい(特に東京)という印象なので、
ベストなのは、2000m前後かな?と。
今回も引き続きデムーロ騎手ということもありますし
鞍上込みで考えると、複勝圏内という点では信頼しやすい
1頭だと思います。勝つ可能性も十分あるでしょう。


■レッドジェニアル
重賞勝ち馬ではあるのですが、前走を見ても
些かワンパンチツーパンチ足りない印象は否めませんね。
京都新聞杯では穴馬で推奨して好走してくれた思い入れは
持っている馬ですが、ここはさすがにメンバーも強い。
重賞を勝つ前の500万特別で4着に負けているように
坂のあるコースは苦手なのでは?という声もありますよね。
では京都がベストなのかと言われると、前走も凡走したり
菊花賞でも微妙な着順に終わるなど、実力を発揮して
これなのかそれとも違うのか、現時点では分かりませんが
どちらかといえば地力が……という気はします。
時計が速い馬場のほうが良いのか、掛かる馬場が良いか
これについても何とも言えないですねぇ。
ただ、2000mに距離が縮まるという点は面白い。
実に未勝利戦を勝った時以来の距離です。
酒井騎手に手が戻るのも、この馬にはプラスでしょう。
出遅れる時が間々ある馬なので、基本的には後方から
レースをすることになりそうですが、どこまでやれるか。
正直、ここでは敷居が高いかなぁ。うーん。
よっぽど追い切りが良かったら買うかも、という程度。

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ 老舗競馬総合情報社シンクタンク ≫
先週もズバリ高松宮記念的中!!
信頼すべき有力馬と狙い撃つべき穴馬!!
 『大阪杯』
穴情報馬を狙い撃つ!!
▼【馬券候補5頭】を無料公開▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■ロードマイウェイ
金鯱賞に関しては、もし予想していてもこの馬に印を
打たなかったのは間違いないです。今言ってもしようが
ないんどすけどね…。疑ってかかっていたのは斤量面。
5連勝は全て54kgでのものでしたし、チャレンジCは
スローペースも幸いして得意の瞬発力勝負で勝ったもの。
2着のトリオンフは屈腱炎からの復帰初戦で58kgで
実力でモノにしたというのは早計かなと感じていました。
なので、サートゥルナーリアに次ぐ人気になるほど
信頼は置けないなぁと思いながらレースを見ていましたが
案の定というか、それ以上に実力を発揮出来ず終了。
したがってここで巻き返してくる可能性もありますが
今回は斤量も57kgですし、昨年のエアウィンザーでも
駄目ならこの馬とて馬券に絡むのは容易では無さそう

伸び盛りの4歳ということもあって、伏兵馬の中では
人気になると思いますが、実績面では他に見劣るかなぁ。
ただ、駄目で元々の精神で逃げてしまうというのはアリ
鞍上は逃げ馬に乗らせたらたぶん日本一であろう武豊騎手。
絶妙なペース配分で果敢に行く、あるいは2番手…?
もっとも、近年は逃げ馬が相性の悪い大阪杯なんですが
この鞍上ならそういう作戦を講じてくるかもしれません。


■ワグネリアン
一昨年の神戸新聞杯のあと、天皇賞(秋)を使う予定でしたが
疲労のためこれを回避。更には年明けに1つ使いたい
という陣営の考えとは裏腹に状態は上がらず結局は
ぶっつけ本番で迎えた大阪杯。
そういう過程があったからこそ軽視したのですが
内目をロス無く立ち回ったとはいえ、しっかり3着に
食い込むあたり、地力の高さが伺えました。
外枠不利が明らかな天皇賞(秋)の4着は好走の部類。
続くジャパンCでも重馬場ながら、これもやはり3着。
なんだかんだで、フルパフォーマンスを発揮出来ないと
思わしき状況が続きつつ結果はある程度残せている
のは
さすがはダービー馬といったところ。
パワー寄りになっているのでは?との見方をされるのは
マカヒキなどの例もあるからでしょうけど、まだこの馬に
ついてはそこまでではないにしても、確かに瞬発力より
持続力タイプになりつつあるかもなぁくらいは思います。
今年に関しては、じっくりとローテーションを組む構え。
昨年よりも状態面では期待が持てそうです。
ただ、内回りでは外枠に入ったことが無いので
そうなった時に折り合いを欠かずに行ける
かはカギ。
東京より阪神のほうがペースは緩くなりがちです。


いつもお読み頂きありがとうございます(^^)
週始めの注目馬や本命馬、その他重要データなど
下記ブログランキングの紹介文に記載していますので
クリックしてご覧くださいませ☆

人気ブログランキングへ
ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ うまスクエア ≫
“大魔神”の愛称でお馴染み!
 ≪GI馬主・佐々木主浩≫
世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!今週も必見!
 【大阪杯最終結論

 ▼こちらで無料公開!▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【大阪杯】レース傾向分析 (今回は直近3年を重視します)

こんにちは~、Tomyです。

先週も頑張って予想はしましたが結果は惨敗。
高松宮記念は雨で馬場は渋ったものの、
前半34.2というペースで流れつつも後半は34.5と
なっており、上がりが掛かるわけでもなくどちらかといえば
スプリントとしては単に遅めのペースになり
上がり勝負になったのかなという印象でした。
ただ、滑りやすい足元の得手不得手みたいな部分が出た
ようにも思いますし、本命にしたモズアスコットについては
渋ったから、というより滑る馬場が合わなかったのかなと。
状態面は決して悪くなかったと思いましたし、ラップと
してはこの馬にドンピシャなところになったハズですが
33.1で上がったグランアレグリアより更に後ろから
それ以上の上がりを使えるほどの瞬発力はどのみち
持ち合わせていないので、これは無理でしたね。
スタートは決まりましたが、その後の追走で後手後手。。
パワーの伝達がうまく出来ないグリップの低い馬場では
どうやら駄目な様子。。難しいですねぇ競馬は。

さて、気持ちを切り換えていきましょうか。今週は大阪杯。
恐らく無観客開催は免れないでしょうけど、楽しみな
メンバーは揃いましたし、また頑張っていきましょう。
※なお、今週の予想は大阪杯一本に絞っていきます

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ CHECK MATE ≫
「関西馬情報を制するものは、競馬を制す」
過去5年は関西馬が馬券圏内独占!!
今年も関西馬中心でか!?
大阪杯】勝負買目を無料公開!
  ▼   ▼   ▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いつもは過去10年のデータを分析していくところですが
今回に関しては、直近3年の結果からレースを分析。
ちょっと、G2時代のデータをあまり使わずにやってみたいと
思います。メンバーは面白そうですね。

それでは、いきましょう!

まず、直近3年間のラップから。

■2019年(良) 2:01:0
 前半5F(61.3) 12.6ー11.1ー12.7ー12.7ー12.2
 後半5F(59.7) 12.4ー11.8ー11.4ー11.6ー12.5
ペース:S (後傾1.6)
当日馬場傾向:やや時計掛かる

■2018年(良) 1:58.2
 前半5F(61.1) 12.8ー11.3ー12.4ー12.4ー12.2
 後半5F(57.1) 11.8ー11.2ー11.1ー11.4ー11.6
ペース:S (後傾4.0)
当日馬場傾向:高速

■2017年(良) 1:58.9
 前半5F(59.6) 12.3ー11.1ー12.1ー12.1ー12.0
 後半5F(59.3) 12.2ー11.8ー11.7ー11.6ー12.0
ペース:S (後傾0.3)
当日馬場傾向:ほぼ標準

ご覧のように、G1になってからの直近3年間は
全て「良馬場」ではありますが、馬場傾向はバラバラ。
昨年は、やや時計が掛かりましたが、その前は高速馬場。

ラップを見ていくと、ここ2年間は前半はスローペース。
しかしながら、後半3Fの瞬発力勝負というよりは
ロングスパート寄りの傾向が強いです。
最後から3F目が、ラップ的には最も速くなりがちで
持続力……というか持久力が求められる展開に。
キタサンブラックが勝った2017年のラップ的には
前後傾の差がほとんど無く、更にほぼ標準の良馬場ながら
「1:58.9」でまとめられており、より持久力も
求められるようなタフな展開。
あらためて見るとキタサンブラックの強さが際立ちますね。
大して強そうなレースをしていないと思われる方も多い
かもしれませんが、普通に強い競馬です。かなりね。

しかしながら、今年は確たる逃げ馬は不在ですから
2017年のような絶妙にタフなペースにはならない
でしょうし、どちらかといえば昨年や一昨年のような
「61秒」もしくはそれ以上遅いペースなるかも。

次に、上位勢の面々の位置取り・上がり順位を
見ていきましょうか。

 【年度】       【4角位置と上がり順位】
■2019年(14頭立て)
 1着アルアイン     4番手 4位
 2着キセキ       2番手 7位
 3着ワグネリアン    8番手 2位

■2018年(16頭立て)
 1着スワーヴリチャード 1番手 5位
 2着ペルシアンナイト  9番手 1位
 3着アルアイン     5番手 3位

■2017年(14頭立て)
 1着キタサンブラック  2番手 7位
 2着ステファノス    4番手 5位
 3着ヤマカツエース   7番手 2位

直近3年間の脚質を見ていくと、傾向的には似ており
赤字が非常に目立っていると思いますが、
4角5番手以内」の前目につけた馬の好走が
馬券圏内の9頭のうち7頭を占めています。
一方、「4角6番手以下の差し馬」は3年間で2頭しか馬券に絡んでいません。
「先行馬が上がり5位以内を使える」が故に、
上がり1位や2位で差してきても届かないという
傾向が顕著に現れています。
「4角10番手以下」の馬については馬券に絡むことすら
出来ていませんので狙いづらいところ。

ただし、ここで注意点があります。
G2時代含めて過去10年の、"ある脚質"の馬の着順を
ご覧ください。

       2010年 12着
       2011年 5着
       2012年 3着
       2013年 14着
       2014年 4着
       2015年 13着
ここまでG2→2016年 2着
ここからG1→2017年 12着
       2018年 11着
       2019年 10着

これはなにかと言いますと「逃げ馬」の着順。
G2時代は、赤字、つまり掲示板もしくは2,3着に残る
ことも多かったですが、
G1に昇格して以降は、大きく負けています。
したがって、先行馬を狙うべきということは間違いでは
ないですが逃げ馬はやや厳しいのかなと思います。
2018年の勝ち馬スワーヴリチャードは4角位置こそ
"1番手"ですが、これはスローを見越して向こう正面で
捲っていっての競馬で、純粋な逃げともまた違うかなと。
もっとも、後方から先頭まで捲っていって最後まで
押しきってしまう、超ロングスパートをした当時の彼は
かなり強い競馬をしていることは言わずもがなですが。
昨年は逃げたエポカドーロが鼻出血を発症していたことも
あるとはいえ、やはり逃げ馬は格好の餌食になりがち。
逃げ馬として復活しつつあったキセキが、大阪杯では
逃げず控えたことに対してクレームをつける方も
結構居た記憶が残っていますが、個人的にはあの判断は
特に間違っていなかったかなと思います。
まあ、直前で外に持ち出したことが運のツキだったようにも
思いますけどねぇ。でもこれはたらればに過ぎません。

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
「トレセン」「馬主」「馬産地」に広がる
情報ネットワーク。
超一流のプロフェッショナルが集う
≪ 競馬セブン ≫
【大阪杯】
▼【3点勝負買目】を無料公開▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■G1になってからの大阪杯のレース傾向まとめ

・前半はスローで流れやすいが後半は持久力勝負に
・上がり5位以内を使える先行馬が勝ち負けしやすい
・ただし、逃げ馬は目標にされがち
・差すにしても中団くらいには居ないと圏内すら危うい

大きく言うと、この4点になります。
ここはシンプルに考えて、これに当てはまりそうな馬を
積極的に狙っていきたいと思います。

現時点では、本命にするかは迷っていますが
この傾向に近走ドンピシャな走りをしているのは
 こちらの馬 ⇒人気ブログランキング[狙い馬]へ

とにかく前目につけられる馬を中心に狙いたいのですが
特に今年は、クレッシェンドラヴ、ヴェロックスの回避も
あったことで「12頭立て」というのもポイント。
例年より差し馬にチャンスがあるかもしれませんが
そうは言ってもG1レベルの戦いともなると
他力本願型の馬よりも、先行力があって末脚もしっかり
した馬を中心視すべきでしょう。
ということで近走もっとも脚質が安定していることが
魅力的なこちらの馬に注目しています。
1800m以下を走っている時は、差し追い込みに
なることがほとんどでしたが、昨年の春以降は
2000m以上の距離を走るようになってからは
中団よりも前目もポジションからの競馬をしており
いずれも「4角5番手以内」かつ
3走連続で「上がり3位以内」をマークしています。
前走は、ラップだけ見れば馬場を考えると速いですが
前に行った馬が突き放す、やや特殊なペース。
そこから馬群が離れたところにあったので
実質的には、スローに近いかたちになっていました。
年明け初戦の内容としては、大合格と言って良いでしょう。
距離的にも2000~2200くらいがベストかなと。
他に推せるポイントとしては鞍上がコロコロ変わらないで
ずっと主戦が乗り続けているということでしょうかね。
以前は、折り合いがかなり不安な馬だった印象ですが
ここ最近は、だいぶ我慢も利くようになりました。
そうしたこともコンビを組み続けているからこそ
共に成長できている、という利点ではないでしょうかね。
馬体もだんだんと増えて逞しくなってきました。
恐らく今の現役馬の中では一番の相棒と言っていい
でしょうし、鞍上にとっても思い出深いレースのハズ。
昨年はね……素直に喜べないことがあってのレースでしたし
先週もなんだかモヤモヤする競馬に。
今週は気持ちよく勝ちたいだろうなぁと思います。
パンパンの良馬場で超スローからの瞬発力勝負に
なってしまった場合がどうか
…とは思いますが
この頭数であれば内枠だろうと外枠だろうと、
追い切りの動きががよっっっぽど悪くなければ
軽視するというのは、まず無いかな?と考えています。


いつもお読み頂きありがとうございます(^^)
週始めの注目馬や本命馬、その他重要データなど
下記ブログランキングの紹介文に記載していますので
クリックしてご覧くださいませ☆

人気ブログランキングへ
ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ うまスクエア ≫
“大魔神”の愛称でお馴染み!
 ≪GI馬主・佐々木主浩≫
世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!今週も必見!
 【大阪杯最終結論

 ▼こちらで無料公開!▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
Twitterアカウントはこちら↓↓
競馬に関すること、どうでもいいこと、面白いこと、つまらないこと、役に立つこと、役に立たないこと、何でも気ままにつぶやきます(笑)
お問い合わせ

管理人Tomyへのお問い合わせはこちら。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
記事検索

人気ブログランキングへ
記事検索
月別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
管理人プロフィール

Tomy

主にJRAの重賞を日々楽しく予想している30代前半のごくごく普通のサラリーマンです。皆様の予想に役立つような記事をお届けできるよう精進しています!

カテゴリー
プライバシーポリシー