こんにちは~、Tomyです。

昨日はデアリングタクトの「無敗での三冠達成」に
沸きましたね~。
今回は松山騎手も慌てずに騎乗出来ていたし
着差はあまりつかなかったと見る向きもありますが
立派な勝利でした。(まあ"次"もあるからね)
対抗に据えたマルターズディオサが逃げるかたち。
淀み無く流して、外差し決着のなか最後までよく粘ったと
思いますが……これなら仕方ないか(^_^;)
先行勢は軒並み惨敗してたわけなので、競馬ぶりとしては
全然悪くなかったと思いますから。
個人的には、差し差しを見込んでパラスアテナと
マジックキャッスルに馬連をながしていたので辛うじて
当たりましたが…ソフトフルートは読めなかった(>_<)
パラスアテナは3コーナーで置かれかけたところで
坂井騎手もガシガシ追って頑張ってたんだけとね…
このハナ差は大きいなぁ。三連複は取り逃がしました(笑)

ーーーーー★オススメ予想サイト★ーーーーー
ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ うまスクエア ≫
“大魔神”の愛称でお馴染み!
 ≪GI馬主・佐々木主浩≫
世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!今週も必見!!
愛馬ヴァルコス登場!
 【菊花賞最終結論

 ▼こちらで無料公開!▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、今週は【菊花賞】

もうすぐ改修工事が入る京都コースで行われる
"最後のG1"でもあり牡馬クラシック最後の一冠。
先週のデアリングタクトに続いてコントレイルも
「無敗での三冠」を達成出来るか注目の一戦ですね。
もし勝てば、ジャパンCで対峙する可能性もあります。
つまり、ぶち当たればどちらか"必ず負ける"わけですが
個人的には、まずここはコントレイルに勝って欲しいかな。

予想のほうは、菊花賞1本に絞ってやりたいと思います。
今年からG2に昇格した富士Sもなかなか面白いメンバー
なので、両方やりたい気持ちはあるんですが…。
体が追い付きそうも無いので(>_<)
せめて………というわけではないですが、
富士Sの好走条件を1つ挙げておきたいと思います。

「5歳以下の○○○○○○○○○」
 ⇒人気ブログランキング[富士S注目]へ

過去10年で(3-4-3-3)とかなりの好成績を納めています。
人気馬に加え、中穴の2頭も含まれますのでご注目を!


ではここからは菊花賞の過去傾向を見ていきましょう。


【所属】
 美浦 (1-0-1-46)  連対率2.1% 複勝率4.2%
 栗東 (9-10-9-104) 連対率14.4% 複勝率21.2%

秋華賞も関西馬優勢ですが、菊花賞はそれ以上と言えます。
過去10年で好走したのはたったの2頭。
基本的に遠征経験の乏しい関東馬は割引が必要。


【枠番】
 1枠 (2-0-1-17) 連対率10.0% 複勝率15.0%
 2枠 (3-2-0-15) 連対率25.0% 複勝率25.0%
 3枠 (2-0-0-18) 連対率10.0% 複勝率10.0%
 4枠 (0-0-1-19) 連対率0.0% 複勝率5.0%
 5枠 (0-2-2-16) 連対率10.0% 複勝率20.0%
 6枠 (1-2-1-16) 連対率15.0% 複勝率20.0%
 7枠 (2-3-4-21) 連対率16.7% 複勝率30.0%
 8枠 (0-1-1-28) 連対率3.3% 複勝率6.7%

極端に内有利というほどではないですが、
勝ち馬はやはり内目の枠のほうが多い印象ですね。
距離ロスの大きい8枠は不利。


【脚質・上がり】
 逃げ (0-0-1-12) 連対率0.0% 複勝率7.7%
 先行 (4-4-4-24) 連対率22.2% 複勝率33.3%
 差し (5-5-5-67) 連対率12.2% 複勝率18.3%
 追込 (0-1-0-46) 連対率2.1% 複勝率2.1%
 捲り (1-0-0-1) 連対率50.0% 複勝率50.0%

 1位  (5-4-1-5) 連対率60.0% 複勝率66.7%
 2位  (3-3-1-2) 連対率66.7% 複勝率77.8%
 3位  (1-1-1-8) 連対率18.2% 複勝率27.3%
4~5位 (0-2-4-12) 連対率11.1% 複勝率33.3%
 6位~ (1-0-3-123) 連対率0.8% 複勝率3.1%

前半5Fは60~61秒程度が多いので、意外と入りは
極端なスローではないものの、中盤で弛みやすい。
ただ、ここ2年は序盤からドスローになっています。
全馬この距離は初めてですので、そうなるのも必然か。
瞬発力がある馬は必然的に上位に来やすいですが、
レース上がりが34秒前半になることは稀。
逃げ馬や追込馬といった、極端な脚質の馬は絡みづらく
好位中団で折り合いをつけられるかが勝負の分かれ目。

ーーーーー★オススメ予想サイト★ーーーーー
ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ 老舗競馬総合情報社シンクタンク ≫
信頼すべき有力馬と狙い撃つべき穴馬!!
府中牝馬S⇒サラキア(7人気1着)
秋華賞⇒ソフトフルート(9人気3着)

先週も好走対象馬から穴馬が激走!!
今週は牡馬三冠最終戦!!
 『菊花賞』
とっておきの穴情報馬を入手済み!!
▼【馬券候補5頭】を無料公開▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【キャリア】
 ~4戦 (1-0-0-6) 連対率14.3% 複勝率14.3%
 5戦  (1-0-0-6) 連対率14.3% 複勝率14.3%
 6戦  (3-2-0-15) 連対率25.0% 複勝率25.0%
 7戦  (2-2-4-23) 連対率12.9% 複勝率25.8%
 8戦  (1-4-4-31) 連対率12.5% 複勝率22.5%
 9戦  (2-1-0-34) 連対率8.1% 複勝率8.1%
10戦~ (0-1-2-35) 連対率2.6% 複勝率7.9%


キャリア9戦以上になると、途端に複勝率が落ちます。
少なすぎず多すぎないキャリアを持つ馬が中心。


【前走クラス】
 1勝   (0-0-0-3)  連対率0.0% 複勝率0.0%
 2勝   (0-0-5-38) 連対率0.0% 複勝率11.6%
 3勝   (0-0-0-7)  連対率0.0% 複勝率0.0%
 OP特別 (0-0-0-2)  連対率0.0% 複勝率0.0%
 G3   (1-0-0-3)  連対率25.0% 複勝率25.0%
 G2   (9-10-5-95) 連対率16.0% 複勝率20.2%
 G1   (0-0-0-1)  連対率0.0% 複勝率0.0%

ほぼほぼ前哨戦を使ってきた馬で決まりますが、
2勝クラス経由の馬が3着に滑り込むこともありますので
多少注意すべきでしょう。


【前走レース】
 神戸新聞杯 (8-6-4-46) 連対率21.9% 複勝率28.1%
 セントライ (1-3-1-47) 連対率7.7% 複勝率9.6%
 ラジオN賞 (1-0-0-0) 連対率100% 複勝率100%
 札幌記念  (0-1-0-2) 連対率33.3% 複勝率33.3%
 兵庫特別  (0-0-2-6) 連対率0.0% 複勝率25.0%
 阿賀野川特 (0-0-2-0) 連対率0.0% 複勝率100%
 支笏湖特別 (0-0-1-0) 連対率0.0% 複勝率100%

基本的に関東馬がメインのセントライト記念は分が悪い。
ここから馬券に絡んでいるのは全て【関西馬】ですから
サトノフラッグやガロアクリークは、やや買いづらい。
条件戦組は2200m以上のレースを使ってきた馬に注目。


【前走人気(OPクラス)】
 1人気  (5-1-0-10) 連対率37.5% 複勝率37.5%
 2人気  (1-3-2-14) 連対率20.0% 複勝率30.0%
 3人気  (1-1-2-10) 連対率14.3% 複勝率28.6%
 4人気  (0-2-0-15) 連対率11.8% 複勝率11.8%
 5人気  (1-0-0-9) 連対率10.0% 複勝率10.0%
6~9人気 (2-2-1-31) 連対率11.1% 複勝率13.9%
10人気~ (0-1-0-13) 連対率7.1% 複勝率7.1%

前走上位人気だった馬が中心。
ただし、前走人気薄であっても多少絡む傾向です。


【前走着順(OPクラス)】
 1着  (5-1-1-10) 連対率35.3% 複勝率41.2%
 2着  (2-6-2-8) 連対率44.4% 複勝率55.6%
 3着  (3-2-0-15) 連対率25.0% 複勝率25.0%
 4着  (0-0-1-11) 連対率0.0% 複勝率8.3%
 5着  (0-0-1-12) 連対率0.0% 複勝率7.7%
6~9着 (0-1-0-30) 連対率3.2% 複勝率3.2%
10着~ (0-0-0-16) 連対率0.0% 複勝率0.0%


前走4着以下はかなり厳しい傾向が出ています。
というより、前走好走した馬が順当と言ったほうが
いいのかもしれませんが。。
巻き返したのは当然前哨戦を使った関西馬のみ。
エアスピネル、クリンチャー、それとユウキソルジャー。


★関東馬を狙うなら○○○○経験馬

関東馬が非常に相性が悪い菊花賞。
過去20年まで広げても、好走したのは以下の6頭だけ。

 18年 フィエールマン
 14年 ゴールドアクター
 07年 ロックドゥカンブ
 04年 ホオキパウェーブ
 01年 マンハッタンカフェ
 00年 トーホウシデン

この6頭のうち4頭は
【春のクラシックに出走していなかった】馬たちですが
これ以外の傾向として、6頭中5頭が該当しているのが
キャリアの中で○○○○を経験している点が挙げられます。

春のクラシックに出走していない、そして○○○○の
経験を持つ関東馬。今年は 2頭 います。
 ⇒人気ブログランキング[A]へ

サトノフラッグ、ガロアクリークは前哨戦で結果を
出してきましたが、馬券に絡む関東馬の傾向には該当せず。
彼らより面白いのはこの2頭かな?と思います。
もちろん、枠や追い切り次第ですが買う可能性は高め。

ーーーーー★オススメ予想サイト★ーーーーー
ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
「トレセン」「馬主」「馬産地」に広がる
情報ネットワーク。
超一流のプロフェッショナルが集う
≪ 競馬セブン ≫
【菊花賞】
秋華賞も馬連だけで26万7千円獲得!!!
▼【3点勝負買目】を無料公開▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いつもお読み頂きありがとうございます(^^)
週始めの注目馬や本命馬、その他重要データなど
下記ブログランキングの紹介文に記載していますので
クリックしてご覧くださいませ☆

人気ブログランキングへ