こんにちは~、Tomyです。

京成杯AHの過去傾向と注目馬を書いていきます。

"オータムハンデ"ですが、サマーマイルシリーズの
最終戦となっております。

出走馬中、同シリーズ優勝の可能性がある馬は……
残念ながら居ません/(^o^)\
米子Sと関屋記念を勝ったロータスランドが既に優勝を
決めていますので、ここに出走してくる馬たちの狙いは
シリーズ云々ではなく"とりあえずこのレース"。
一部、叩きの意味で使ってくる馬も居るでしょうけどね…。

それでは、過去10年の傾向を見ていきましょう~。
※データは新潟開催の2014年を除く過去10回より


【馬齢】
 3歳  (2-1-3-12) 連対率16.7% 複勝率33.3%
 4歳  (3-1-2-16) 連対率18.2% 複勝率27.3%
 5歳  (4-4-2-34) 連対率18.2% 複勝率22.7%
 6歳  (0-3-2-40) 連対率6.7% 複勝率11.1%
 7歳~ (1-1-1-19) 連対率9.1% 複勝率13.6%

6歳以上は分が悪い点は他の重賞と同じようなもので
特に大きな傾向は無いですね。3歳馬もまずまずの成績。


【性別】
 牡・セ (7-5-10-103) 連対率9.6% 複勝率17.6%
 牝馬   (3-5-0-18) 連対率30.8% 複勝率30.8%

牝馬の出走頭数は少なめですが、活躍傾向にあります。


【所属】
 美浦 (8-5-3-68) 連対率15.5% 複勝率19.0%
 栗東 (2-5-7-53) 連対率10.4% 複勝率20.9%

関東馬のほうが勝ちやすい傾向にあります。
ただ、ここ2年は関西馬(トロワゼトワル)が勝っています。
関西馬でも勝てないことはないでしょう。

ーーーーー★オススメ予想サイト★ーーーーー
ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ 老舗競馬総合情報社シンクタンク ≫
信頼すべき有力馬と狙い撃つべき穴馬!!
先週の小倉2歳Sも連対した2頭を抜擢!
 『セントウルS・京成杯AH』
とっておきの穴情報馬を入手済み!!
馬券候補5頭】を無料公開

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【枠番】
 1枠 (0-1-2-12) 連対率6.7% 複勝率20.0%
 2枠 (1-2-1-13) 連対率17.6% 複勝率23.5%
 3枠 (1-0-2-17) 連対率5.0% 複勝率15.0%
 4枠 (0-1-0-19) 連対率5.0% 複勝率5.0%
 5枠 (6-1-1-11) 連対率36.8% 複勝率42.1%
 6枠 (2-2-2-14) 連対率20.0% 複勝率30.0%
 7枠 (0-0-2-18) 連対率0.0% 複勝率10.0%
 8枠 (0-3-0-17) 連対率15.0% 複勝率15.0%

5枠だけ異様に成績が良いですが、これは確たる根拠は
ちょっと見当たらないのが正直なところ……。
まあ、『5枠ならラッキー』程度の考え方でいいでしょう。


【脚質・上がり】
 逃げ (1-1-0-11) 連対率15.4% 複勝率15.4%
 先行 (3-3-4-28) 連対率15.8% 複勝率26.3%
 差し (5-4-6-43) 連対率15.5% 複勝率25.9%
 追込 (1-2-0-39) 連対率7.1% 複勝率7.1%

 1位  (4-1-0-6)   連対率45.5% 複勝率45.5%
 2位  (1-3-1-6)   連対率36.4% 複勝率45.5%
 3位  (1-2-0-9)   連対率25.0% 複勝率25.0%
4~5位 (0-1-4-18) 連対率4.3% 複勝率21.7%
 6位~ (4-3-5-82) 連対率7.4% 複勝率12.8%

過去10年の平均ラップは『46.0ー46.2』となっていて
スローペースになることは少なめで、あまり速い上がりを
要求されず、雪崩れ込むようなレースになるイメージ。
路盤改修前も後も、差し競馬が目立っていましたが
直近の2年は前残り決着となっていますので、
現時点では、有利不利の脚質は何とも言えませんね。


【当日人気】
 1人気  (3-0-0-7)   連対率30.0% 複勝率30.0%
 2人気  (2-1-2-5)   連対率30.0% 複勝率50.0%
 3人気  (1-2-1-6)   連対率30.0% 複勝率40.0%
 4人気  (3-0-1-6)   連対率30.0% 複勝率40.0%
 5人気  (0-1-1-8)   連対率10.0% 複勝率20.0%
 6人気  (0-2-1-7)   連対率20.0% 複勝率30.0%
 7人気  (0-2-2-6)   連対率20.0% 複勝率40.0%
8~9人気 (0-0-0-20) 連対率0.0% 複勝率0.0%
10人気~ (1-2-2-56) 連対率4.9% 複勝率8.2%

大穴が勝つことは少ないものの人気馬の信頼度は低め
ハンデと相談しながらじっくり考えたいですね。


【前走クラス】
 3勝   (4-0-0-3)   連対率57.1% 複勝率57.1%
 OP・L (2-1-1-40) 連対率6.8% 複勝率9.1%
 G3   (3-7-8-61) 連対率12.7% 複勝率22.8%
 G2   (0-0-0-3)   連対率0.0% 複勝率0.0%
 G1   (1-2-1-12) 連対率18.8% 複勝率25.0%

メインは前走重賞組ですが、前走3勝クラス組が4勝。
いずれも当日4人気以内に支持されていますので、
世間的評価が高い上がり馬には注意したいところですね。

ーーーーー★オススメ予想サイト★ーーーーー
ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
「トレセン」「馬主」「馬産地」に広がる
情報ネットワーク。
超一流のプロフェッショナルが集う
≪ 競馬セブン ≫
【京成杯AH】
▼【3点勝負買目】を無料公開▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【前走レース】※OPクラス
 関屋記念  (1-4-4-42) 連対率9.8% 複勝率17.6%
 中京記念  (1-0-2-8)   連対率9.1% 複勝率27.3%
 朱鷺S   (1-0-0-19) 連対率5.0% 複勝率5.0%
 米子S   (0-1-0-1)   連対率50.0% 複勝率50.0%
 パラダイス (0-0-1-4)   連対率0.0% 複勝率20.0%
 函館SS  (0-0-1-2)   連対率0.0% 複勝率33.3%
 七夕賞   (1-1-0-0)   連対率100% 複勝率100%
 クイーンS (0-1-0-0)   連対率100% 複勝率100%
 安田記念  (0-1-0-4)   連対率20.0% 複勝率20.0%
 ヴィクトリ (0-1-0-1)   連対率50.0% 複勝率50.0%
 NHKマイ (0-0-1-6)   連対率0.0% 複勝率14.3%
 東京優駿  (1-0-0-1)   連対率50.0% 複勝率50.0%
 ダービー卿 (0-1-0-1)   連対率50.0% 複勝率50.0%
 東京新聞杯 (0-0-1-0)   連対率0.0% 複勝率100%

過去10年の勝ち馬のローテーションは全てバラバラ
あまり前走レースに拘る必要はありませんが、
好走頭数の多い関屋記念組はある程度重視したいところ。
若干目につくのは、前走NHKマイルC組の成績の悪さ。
しかも、そこそこ上位に好走していた馬が多く出走して
くるにも関わらず凡走傾向にある
のは気になるところ。
3歳馬に関しては、それ以降どこかで使っている馬のほうが
買いやすいという印象があるんですよね。
ちなみに、NHKマイルCが施行され始めた96年以降、
このローテで京成杯AHで連対した3歳馬は1頭も居ない。
グレナディアガーズにとっては嫌なデータ。


【前走人気】※OPクラス
 1人気  (1-0-0-3)   連対率25.0% 複勝率25.0%
 2人気  (2-1-1-11) 連対率20.0% 複勝率26.7%
 3人気  (0-0-1-6)   連対率0.0% 複勝率14.3%
 4人気  (0-0-2-10) 連対率0.0% 複勝率16.7%
 5人気  (0-2-3-8)   連対率15.4% 複勝率38.5%
6~9人気 (3-4-2-38) 連対率14.9% 複勝率19.1%
10人気~ (0-3-1-41) 連対率6.7% 複勝率8.9%

前走人気はあまりあてになりません。
中穴だった馬も好走してきますし、前走時の評価は
参考程度に留めておいたほうがいいでしょう。


【前走着順】※OPクラス
 1着  (2-1-1-8)   連対率25.0% 複勝率33.3%
 2着  (2-1-1-11) 連対率20.0% 複勝率26.7%
 3着  (0-1-3-9)   連対率7.7% 複勝率30.8%
 4着  (0-1-2-12) 連対率6.7% 複勝率20.0%
 5着  (0-0-0-5)   連対率0.0% 複勝率0.0%
6~9着 (0-4-1-32) 連対率10.8% 複勝率13.5%
10着~ (2-2-2-40) 連対率8.7% 複勝率13.0%

前走好走馬の成績はそこまで抜けたものではありません。
10着以下に負けた馬の巻き返しもチラホラ。
ただし、前走重賞以外で負けた馬は(0-0-1-35)です。
OP特別やリステッド経由を狙うなら勝ち馬のみ。
したがって、今年は3勝クラス組と重賞組に絞りたい。


【斤量】
 52㌔   (2-1-0-3)   連対率50.0% 複勝率50.0%
 53㌔   (1-2-1-14) 連対率16.7% 複勝率22.2%
 54㌔   (1-3-2-27) 連対率12.1% 複勝率18.2%
 55㌔   (4-0-3-23) 連対率13.3% 複勝率23.3%

 56㌔   (1-0-1-26) 連対率3.6% 複勝率7.1%
 56.5㌔   (0-0-1-4)   連対率0.0% 複勝率7.1%
 57㌔   (1-2-0-16) 連対率15.8% 複勝率15.8%
 57.5㌔~  (0-2-2-6)   連対率20.0% 複勝率40.0%

最も標準的な斤量56㌔の成績があまり良くありません
2017年には2頭の好走馬が出ているものの、これ以外は
全て凡走していますので、若干気になるデータ。
今年はカテドラル、グレナディアガーズ、ベステンダンク
3頭が該当してしまいました。
57㌔もしくはそれ以上は、良くもなく悪くもなく。
軽斤量の馬も侮れませんし、狙いは55㌔以下でしょう。

ーーーーー★オススメ予想サイト★ーーーーー
ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ うまスクエア ≫
“大魔神”の愛称でお馴染み!
 ≪GI馬主・佐々木主浩≫

世界を獲った男は目線が違う!
中京記念◎カテドラルで馬連的中!!
クイーンS◎マジックキャッスルで馬連的中!!
新潟2歳S◎アライバルで馬連的中!!

実績が違う!今週も必見!!
 【京成杯AH最終結論

 ▼こちらで無料公開!▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★京成杯AHの注目馬

過去10年のこのレースで成績優秀な騎手3名(※)が揃って
騎乗してきますし、今年は全体的に充実したメンバーかな?
(※)横山典(4-0-0-3)、田辺(2-1-1-2)、戸崎(1-2-0-2)

注目馬はたくさんいますが、ここでは5頭ほど
ピックアップして書かせていただきます。

アカノニジュウイチ
このところ短い距離を使っていましたが、
前走後の陣営コメントは『本来はもう少し長い距離のほうが
合うハズ』とのことで、再度マイルへ挑戦。
過去10年で4勝を挙げている典さんの進言も当然あると
思いますし、2F延長でも怖い存在ではありますね。
個人的にもマイルまではこなせる印象は持っているので
立ち回り次第ではないでしょうか。

カレンシュトラウス
上がり馬ではこちらにもちょっと注目したいですね。
1勝クラスを脱出するまで、随分と時間がかかりましたが
そこからは3連勝と勢いがありますからねぇ。
馬場が渋るのはあまり良くない気がする戦績ですが、
良馬場であれば、チャンスはあるかもしれません。
ただし、今年はメンバーがだいぶ良いと思うので……
例年ほどは強気に買いたいという感じはしませんけど。

グレナディアガーズ
右回りなのは良いですが、問題は斤量とローテーション。
アメリカ遠征に向けて格好はつけておきたい場面ですが、
3歳馬で56㌔というのは、ハンデG3にしては重いです。
G1の朝日杯を勝っているので当然といえば当然だとは
思いますが、古馬初対決ながら、実質的には斤量の恩恵が
全く無い状態なので、正直軸にするほど信用できない。
また、NHKマイルCで好走していたとしても、そこから
休み明けで出てきた馬の成績が良くないレースですので、
不安要素はゴロゴロ転がっている印象。取捨は悩みそう。

人気ブログランキング[注目]へ
現状、G1では一歩足りないかなという戦績ですが
G2・G3なら確実に重視したい1頭です。
野芝オンリーの秋開催の中山コースでも2勝していますし
元々休み明けでも走るタイプですので絶対に買いたい。
鞍上もレース相性は良いですし、穴馬も好走させており、
回収率が高いのも強み。かなり期待しています。
ローテーションも前走後、早々に決めていて予定どおり。
ただ、個人的には1週前追い切りが若干物足りない気は
したので、最終追い切りでピリッとしてくれれば。
あとは、出来れば真ん中より外の枠が欲しいですね。
内枠がダメではないにせよ好走時のパターンは外目追走で。


マイスタイル
気難しい馬ですが、自分でペースを刻んでいけば
かなりのしぶとさを発揮するので穴では注意したい1頭。
前走の関屋記念もあわやの4着まで粘っていましたし
今年と3年前にダービー卿CTで良い競馬をしていますので
コースそのものは特に問題ないでしょう。
野芝オンリーの秋開催でも……恐らく関係ないタイプ。
近走の競馬からして、現状は逃げるのがベストですし
乗り替わりでも和生騎手であれば、気になりませんね。
相手どうこうより、気分よく集中できるかがカギに。
ある意味、この馬が居ることで不都合な馬も居そう……。


いつもお読み頂きありがとうございます(^^)
週始めの注目馬や本命馬、その他重要データなど
下記ブログランキングの紹介文に記載していますので
クリックしてご覧くださいませ☆

人気ブログランキングへ