こんばんは~、Tomyです。

オールカマーの有力馬と穴馬考察をしていきます。

1~7人気想定の7頭と、穴馬1頭を取り上げます。
それでは早速………


◆ウインキートス
条件戦時代は持ち時計も速くなく、テンの速さも重賞級とは
言い難かったので、札幌記念は先行できるかさえ怪しいと
思っていましたが、とりあえず押して出して先行。
ただ、勝負どころではついていけずに後方での入線。
状態もひと息とは思いましたが、仮に良かったとしても
恐らく上位は難しかったのでは?という考えてます。
目黒記念は超絶的なスローと縦長馬群が向きましたが、
いわゆる普通の重賞レベルのペースでは、追走するのが
大変かなと思いますし、今回もメンバーは強いので
斤量の恩恵が無い別定G2では、個人的には買いづらい。
湾岸Sではこの夏に活躍を続けたクラヴェルを、
その前の迎春Sでは今年の阪神牝馬Sを勝ったデゼルを
それぞれ負かしていますが、彼女はこのコースの適性は
あまり高くないと思いますし、高い評価は出来ません。
簡単に言うと……持ち時計を3秒くらい縮める必要アリ


◆ウインマリリン
体調が万全でなかった秋華賞(枠も京都2000で先行するには
最悪の8枠)以外は大崩れが無い強い先行馬。
いくら長距離路線が手薄、阪神外→内コースだったとはいえ
牝馬で3200㍍はかなりしんどかったし、ましてや枠も外で
終始馬群の外を回す苦しい競馬ながら5着は立派。
無理をせず宝塚記念を最初からパスしたのは好感が持てる。
器用さと勝負根性が持ち味で、埒沿いを取れれば強力。
やはり内目の枠は欲しいですが、昨年のエリザベス女王杯は
6枠ながら気付けば埒沿いを確保していましたから、
1コーナーに入るまで直線距離がある中山2200㍍であれば
少々の外枠なら序盤の機動力を活かして内に潜り込めそう。
不安要素を挙げるとすれば道悪馬場でしょうね。
AJCCも着差でいえばコンマ4秒なので頑張っていますが
あまり馬場が悪くなると、持ち味が削がれてしまいます。

ーーーーー★オススメ予想サイト★ーーーーー
ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ 老舗競馬総合情報社シンクタンク ≫
信頼すべき有力馬と狙い撃つべき穴馬!!
セントウルSでは好走3頭を抜擢!
 『オールカマー・神戸新聞杯』
とっておきの穴情報馬を入手済み!!
馬券候補5頭】を無料公開

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆キングオブコージ
鞍上と使う距離をガラリと変えてから一気に重賞ウイナーへ
登り詰め、京都大賞典でも格上のグローリーヴェイズと
キセキを相手に3着と頑張って、さあこれから!という時に
故障してしまったのは痛いですね……。
復帰初戦となりますが、鞍上が鞍上だけに試運転で終わる
可能性も否定できません
が、状態さえそれなりに整って
出走することが出来るのであれば、通用してもいい。
ウインキートスとの比較では、目黒記念の時計も断然
こちらのほうが優秀ですし、湾岸Sも2秒速い。
重賞レベルのペースをしっかり経験して好走しているので
能力的には別定G2なら全然勝ち負けレベルにあります。
とにかく状態面。これに尽きますね。


◆グローリーヴェイズ
6歳以上が分が悪いレースですが、前走G1だった馬なら
(2-3-0-6)と上々の成績。実力的にはまだ衰えは感じませんし
距離も特に問題無いでしょう。
どこでも言われていることですが、課題は中山コース。
前走の香港、そして新潟や京都での良績が目立ちますが
直線に上り坂があるコースでは、2歳新馬とこうやまき賞
以降はあまり使うことが無く、好走もしていません。
ただし、宝塚記念や金鯱賞は馬場がタフすぎて噛み合わず、
ジャパンCも勝ちに行った結果の5着で内容は悪くない。
完全にダメとも言い切れない部分ではあります。
鞍上がミルコに戻るのも今回に限っては少し気掛かりです。
川田騎手は休み明けの京都大賞典や金鯱賞で積極策に出て
あの結果ですが、ミルコだと差しに回りそう
な予感が…。
そうなると…仕上げ8分で伸びきれない場面が見えてくる
ような気がしないでもない。


◆ステイフーリッシュ
札幌記念は心房細動を発症して競走中止なので参考外。
ただし、発症していなかったとしても馬券内があったかと
いえばちょっとそれもどうかなと思います。
別定・定量の古馬重賞でも度々好走している馬ですが、
その閾値を紐解くうえで、出走頭数の傾向に注目。
12頭立て以下は(0-3-4-2)ですが、13頭立て以上になると
(0-0-0-5)
ということで、脚があまり速くないぶんだけ
頭数が増えると交わされる数も必然的に増えるという感じ。
実力的にはG2~G3レベルの馬ですから、ハンデ戦なら
頭数が多くてもカバーが利きますが、基本的に別定戦や
定量戦の重賞は出てくるメンバーレベルも自ずと高くなる。
そこで多頭数となると、若干足りないタイプなんですよね。
さて今回は『16頭立て』です。どうでしょう。

ーーーーー★オススメ予想サイト★ーーーーー
ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
「トレセン」「馬主」「馬産地」に広がる
情報ネットワーク。
超一流のプロフェッショナルが集う
≪ 競馬セブン ≫
【オールカマー】
▼【3点勝負買目】を無料公開▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆ランブリングアレー
これまでの好走レースとの比較で、求められる適性が
ズレていたと思われるヴィクトリアMで2着に好走。
直前に少し雨は降ったとはいえ高速馬場には変わりなく、
かなり忙しい気もしましたが……。充実している証拠か。
近2走は、恐らくエリザベス女王杯でも人気になるであろう
マジックキャッスルと好勝負
を演じているわけですしね。
2200㍍は初めてですが、前走を見ても適応力が高い馬と
いう印象もついてきましたし、1800㍍の成績が(4-0-1-0)と
良いことから、非根幹距離のほうが得意だと思います。
エリザベス女王杯の試走としては絶好の舞台と言えますね。
OP昇級したての頃までは折り合いも少し難しくて
先行する競馬をしていましたが、近走は差しに転じていて
レース運びも落ち着いてきましたから今回も差し競馬か。
戸崎騎手は昨年もセンテリュオを同じくテン乗りで勝たせて
いますし、オールカマーの成績は(1-1-1-1)と上々。
鞍上込みで警戒すべき1頭だと思います。
枠の列び次第では、上位の印を回しても面白いでしょう。


◆レイパパレ
前走の宝塚記念は、一旦交わしたユニコーンライオンに
最後差し返されているあたり、本質的に2200㍍が長いと
見ますが、客観的に見て『それでも宝塚記念3着』です。
オールカマーに於いては『父ディープ、母父クロフネ』の
ニックスで好走といえば、ステファノスが挙がります。
彼は生涯通じて2000㍍さえ勝ち鞍がありませんでしたが、
それでもオールカマー2着。誤魔化しが利くレースです。
折り合いは課題にはなりますが、恐らく今回はスローを
望むところかなと思います。外回りで流れすぎると
ちょっと持たない気はします。そういえばステファノスが
好走した年は、前半かなりのスローペースでしたね。
ロザムールに逃げてもらってリズムよく追走したいか?
そのロザムールの鞍上が三浦騎手というのがまたいかにも
スローになりそうな起用。この馬にとっては好都合。
ただし、斤量が他の牝馬たちに比べて重い『56㌔』を
背負うわけですので、頭が堅いかといえばそうでもない。
川田騎手が前哨戦で有力馬に乗った時は圏外に飛ぶことは
あまり無いので簡単に軽視するのは怖い
ですが、
軸には出来ないかな。


あまり穴を狙うべきレースでもないですが………
コーナー4つで期待できる穴馬
 ⇒人気ブログランキング[穴]へ

近年の中山巧者といえば、一番手に来るであろう馬は
ウインブライトあたりになると思いますが、
この馬は、そのウインブライトに中山で勝っているなど
間違いなく中山はドンピシャに合いますね。
外回りと内回りの違い、距離の違いはあるものの
3歳時には古馬相手に東京の2500㍍で3着していますから
コーナー4つの非根幹距離の適性そのものが高いと見ます。
残念ながら、その後は2度の長期離脱。復帰して以降は
なかなか結果も奮わず、前走データ的には厳しい数字が
並びますが、久々に得意のコーナー4つ・そして中山が
舞台になるのであれば復活の走りを見せてくれても面白い。
このところ、調教も攻めきれていない部分はありました。
最終追い切りは坂路での調整が続いていましたが…
今回は『最終追い切りもウッド』。その点で上昇示唆。

ーーーーー★オススメ予想サイト★ーーーーー
ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ うまスクエア ≫
“大魔神”の愛称でお馴染み!
 ≪GI馬主・佐々木主浩≫

世界を獲った男は目線が違う!
中京記念◎カテドラルで馬連的中!!
クイーンS◎マジックキャッスルで馬連的中!!
新潟2歳S◎アライバルで馬連的中!!
セントウルS◎ピクシーナイトで馬連的中!!

実績が違う!今週も必見!!
 【オールカマー最終結論

 ▼こちらで無料公開!▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いつもお読み頂きありがとうございます(^^)
週始めの注目馬や本命馬、その他重要データなど
下記ブログランキングの紹介文に記載していますので
クリックしてご覧くださいませ☆

人気ブログランキングへ