こんにちは~、Tomyです。

菊花賞の本予想をしていきます。

今日の阪神芝レースは外回りばかり。
内回りといえば、新馬の千二のみでしたね。

ただ、どのみちトラックバイアスは全く当てにならないと
思いますけどね。
良馬場か重馬場がということだけ見ればいいでしょう。

まあ明日も普通に良馬場開催確実と言えますが、
上がりは掛かるでしょうね。間違いなく。


【隊列】
    ⑧① 逃げ
  ⑩⑪④③ 先行
  ⑱⑯⑮⑨ 中団1
  ⑰⑭⑤② 中団2
  ⑬⑫⑦⑥ 後方


結構難解な列びですが、先行しそうな馬が内寄りの枠、
差し馬は外寄りの枠にまとまった印象でしょうか。
逃げ候補は①ワールドリバイバル⑧エアサージュ
③タイトルホルダー、④ロードトゥフェイムは内を利して
好位を確保してくるでしょう。
一方、②アサマノイタズラ、⑤レッドジェネシス
スタートがあまり良くないのですが、枠の差を活かして
後方より少し前は取りたいところでしょうか。
外枠に入った各馬に関しては、先行勢の後ろに切り込んで
いきたいところ。列び的に立ち回りが難しいですが
特に⑱オーソクレースは、鞍上のルメール騎手がどういう
位置取りをしていくか。
⑭ステラヴェローチェと枠も近いのでマークはしやすい
でしょうが、ただオーソクレースのほうが前に居そう。
折り合いが上手ですし、無駄に下げることはしない騎手。
⑯グラティアスは先行力もありますが、さすがにこの枠だと
積極的には行きづらいかなと。
⑰ヴィクティファルスは陣営も鞍上も距離に不安を持って
いるようですし、戦法としては相当悩むでしょうが、
恐らく無理に前には行けないし、なるべくロスを省く意味で
やや後ろに構えざるを得ないんじゃ?と思いますね。
使える脚が短いタイプだと思うので、一番外枠がキツいのは
たぶんこの馬かなと。

初めての3000㍍ということで、隊列は多少縦長になると
想定されますし、先行勢が内寄りの枠に固まりましたから
ゆったりと流れるでしょう。無理は出来ない。
古馬であれば完全に内前有利となりそうな展開なんですが
何せ初めての距離なので、スタミナが持つかどうかは
どの馬にとっても未知
ですし、やはり追い切り過程を
重要視して馬券を組み立てていきたいですね。

例えば浅見厩舎(レインボーライン)のように厩舎スタイルが
固定化されている例外的な厩舎はあるのですが、
基本的には、トラック+併せ馬で折り合いを確認しつつ
負荷を掛ける調教を取り入れるのが菊花賞のセオリー。

菊花賞は『トラックで併せ馬』
これが大事
だと思います。

ということで、印の発表です。

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ 老舗競馬総合情報社シンクタンク ≫
信頼すべき有力馬と狙い撃つべき穴馬!!
スプリンターズSは穴シヴァージを推奨して
三連複・三連単・馬連を的中!!

 『菊花賞』
とっておきの穴情報馬を入手済み!!
馬券候補5頭】を無料公開

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎ヴァイスメテオール
◯オーソクレース
▲ステラヴェローチェ
☆レッドジェネシス
人気ブログランキングへ
注ロードトゥフェイム

【買い目・配分想定】
 単勝  ◎ ×3
 馬連  ◎ー◯▲☆ ×3
 ワイド ◎ー◯▲  ×10
     ◎ー△   ×2
     ◎ー注   ×1
 ※レース発走15分前まで変更の可能性あり


◎ヴァイスメテオール
昨年はコントレイルが三冠を達成しましたが、
その前の2017~2019年までの3年連続を含めて
過去20年で11回は春のクラシックに出ていなかった馬が
勝利するなど、新興勢力にも十分チャンスがある菊花賞。
このポジションに位置する中でかなり面白いのがこの馬。
丸山騎手というのは不安ですが、長距離重賞という観点では
『ルメール・福永・武豊』以外は正直横並びの顔触れですし
それよりも馬の魅力が勝ったので本命にします。
血統的には長距離に向かないとされるキンカメ産駒ですが
母方の特性を引き出しやすいだけに、サンデー系を入れて
瞬発力を強化するケースが多いからだと思います。
ただ、この馬の母は凱旋門賞馬の血を多く持っており
スタミナを強化する配合。普通のキンカメ産駒ではない。
前走は直線突き抜ける競馬でしたが、エンジンを徐々に
掛けていき、最後まで脚色が全く鈍ること無く伸び続ける
持続的な末脚が持ち味。道悪はもちろん上手ですが、
プリンシパルSは上がり最速となる33秒4の脚で4着。
前残りの展開だけに、出遅れが響いた結果と言えますし
もしあの位置から勝つには、上がり32秒台が必要です。
そんなことが出来るなら……アーモンドアイです(笑)
良馬場でもこのメンバーなら通用する基礎スピードは
持っていると思います。
休み明けですが、外厩で調整して中間の乗り込みもキチンと
出来ていますし仕上がりは良いので、頭まであっても…。
ま、私はビビリなので控えめに馬連ワイドを買いますが(笑)


◯オーソクレース
8枠18番って結構しんどい枠には見えるんですが、
確かに最初の位置取りは100点とはいかないにしても
縦長になる長距離レースなら案外ロスは少なく運べるし
勝負どころで内外大きく広がりやすい京都外回りと違って
タイトに回る阪神内回りだと、逆に外を回せたほうが
結果的にスムーズな競馬が出来るなんてケースも多いし
何せ3歳馬がこのコースで走ることが無いので想像し難い。
なので枠はともかく、としての対抗。
前走の出来はかなり悪かったと思いますが、あれで3着。
正直驚きましたし、能力の高さを感じましたね。
今回も中間から併せ馬をしていますが、動きがまるで別物。
この馬も春のクラシックには出られなかった組ですから、
勝っても納得できるところ。
母マリアライトですからね、上がりの掛かる非根幹距離の
レースはどんと来いというタイプだと思います。
『長距離重賞+ノーザン系クラブ有力馬+ルメール騎手』
これを買わないのは不的中へまっしぐらです。

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ CHECK MATE ≫
「関西馬情報を制するものは、競馬を制す」
現代競馬は西高東低
万馬券も狙える!!!
菊花賞】勝負買目を無料公開!
 先着100名様限定!!
  ▼   ▼   ▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▲ステラヴェローチェ
最終追い切りは思いの外、あれ?という内容だったのは
若干気になるところではあるのですが、折り合いを欠いて
行きたがるよりはマシかなと。距離が距離だけにね。
皐月賞馬もダービー馬も居ない菊花賞は近年珍しいことでは
なくなりつつありますが、春の実績組としてはこの中では
抜けた評価をしなければいけないですね。
スタートがあまり得意ではない馬なんですけれど、
意外にも、偶数馬番に入るのはデビュー以来これが初めて。
この点は大きなプラスだと捉えたいですし、
瞬発力勝負だと後手を踏んでいる印象が強い馬なので
後傾ラップの瞬発力勝負になりやすい京都外回りよりも
上がりの掛かりやすい阪神内回りのほうが勝つ可能性は
高まると思いますが、キャリアが豊富な割に長距離重賞に
於いては勝利が無い吉田隼人騎手という相反するところも
ありつつ人気にはなるので3番手とします。


☆レッドジェネシス
上がりが掛かる競馬を得意とするタイプなのは明らか。
ましてや前走のように、馬場が渋って内がポッカリと
空いたおかげでロス無く立ち回れ、ステラヴェローチェに
迫る好走が出来たのも納得が行くところ。
ただ今回は良馬場開催が濃厚で、バラけにくい阪神内回り。
そのあたりが若干マイナスではありますね。
馬自身は厩舎的に距離への不安は無いと思いますが、
こちらも鞍上の長距離重賞における信頼度という意味で
ステラヴェローチェよりは評価を抑えて4番手。


人気ブログランキングへ
これまで重賞で3度の5着。一歩足りない感がありますし
上がりが掛かる競馬で意外と凡走していた馬なんですが
休養明けの前走、そういうレースで勝てたのは大きい。
間隔が詰まるだけに、この馬に関しては坂路追いでも
仕方ないでしょう。折り合いは問題ないタイプですしね。
追い切りの動きは春に比べて格段に良く見えましたから
前走の好走は成長したからなのでしょう。
鞍上の長距離重賞の成績を数字だけで見れば悪いですが
一度だけフタ桁人気で穴を空けたことがあります。
その舞台が11年前の10月24日の菊花賞。
あの時も今回と同じくテン乗りでした。
人気のアッチじゃなくてコッチかよ…のパターンも!?


注ロードトゥフェイム
こちらも鞍上だけで言えば……うーん…足んない!?
長距離重賞の通算成績は(0-0-0-5)です。少なすぎます(^-^;
ただ、10年前の阪神大賞典で4着に持ってきていますので
可能性はゼロではないと。ゼロ…ではね。
馬自身は、ソエの影響で攻めた調教を出来なかった春より
格段に良い調整が出来ていますし、前走は好位から
立ち回って直線で抜け出す競馬。走破時計も意外と良くて
長めの距離のほうが合うのかもしれませんね。
スタートさえ決めればタイトルホルダーを見ながら
進められそう。岡田さんの秘密兵器はコッチかもしれない?

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ うまスクエア ≫
“大魔神”の愛称でお馴染み!
 ≪GI馬主・佐々木主浩≫

世界を獲った男は目線が違う!
スプリンターズS◎ピクシーナイトで馬連的中!!
京都大賞典◎アリストテレスで馬連万馬券的中!!

実績が違う!今週も必見!!
 【菊花賞最終結論

 ▼こちらで無料公開!▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いつもお読み頂きありがとうございます(^^)
週始めの注目馬や本命馬、その他重要データなど
下記ブログランキングの紹介文に記載していますので
クリックしてご覧くださいませ☆

人気ブログランキングへ