こんにちは~、Tomyです。

先週の2重賞は当てる気満々だったんですが………。
どちらもハズレてしまったのは悔しいです。

 クイーンSですが、◎ホウオウピースフルは好位のインで
絶好のポジションにつけられたのですが、直線では
今一つ伸びを欠いて5着止まり。
結局勝ったのは追い切りがパッとしなかったテルツェット。
本命を変えたのも失敗したし、ローザノワールが思ったより
楽にマイペースを刻んでスローな展開になってしまったので
これは読み違いでしたねぇ。
メイショウミモザが先行するというのは当たってたのですが
馬券が当たらないとどうしようもない。
 それにしても手応えよく回ってきたウォーターナビレラの
失速は意外で、もし本質的に距離が長かったとしても
実績十分で52㌔であった点を踏まえると物足りない内容。
洋芝が合うわけではなさそうだなとは思いましたが……
正直、ちょっと残念でしたねぇ。

 アイビスSDは、4頭が内埒沿いを走る特殊な展開。
4頭となると恐らく千直史上初めての出来事だと思いますが
こうなってくると、実質14頭立てみたいなレースに
なりますので、例年は微妙な17番枠・18番枠の馬には
有利に働いたかなと思います。
 ◎ヴェントヴォーチェは終始詰まり気味で、馬群を
捌けませんでしたし、不完全燃焼の競馬。次走の巻き返しに
期待したいと思います。
 ライオンボスは注文どおり果敢に攻めていったのですが
他にも3頭が内埒沿いに行ったし、勝手は難しかったか。
斤量58㌔も結果的には効いてしまった印象はあります。
無理だったか……という感じ。まあ仕方ないですねこれは。
 世代交代と言いたいところですが、勝ったビリーバーも
7歳ですからねぇ。結局は若くて力のある千直巧者が
まだ現れていないということ。来年は更に好メンバーが
揃ってくれればいいですね。面白いレースではありました。

 さて、切り替えて今週も予想を頑張っていきましょう。
芝の重賞は無く、ダート重賞2つが行われる予定ですが、
ブログではレパードSを取り上げます。
 このレース自体は、ハヤヤッコが勝って波乱決着となった
4年前に当てたきりハズレっぱなしだったような記憶が
ありますが、今年は当てたいですね。
個人的にはダート重賞全般得意ではないのですが、
自信を持って予想したいと思います。

それでは以下、レパードS過去10年の傾向です。

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ 老舗競馬総合情報社シンクタンク ≫
信頼すべき有力馬と狙い撃つべき穴馬!!
夏競馬も推奨馬決着続々!!
 『エルムS・レパードS』
とっておきの穴情報馬を入手済み!!
馬券候補5頭】を無料公開

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【所属】
 美浦 (6-2-5-50) 連対率12.7% 複勝率20.6%
 栗東 (4-8-5-66) 連対率14.5% 複勝率20.5%

 連対率・複勝率ともに東西で大きな差はありません。


【性別】
 牝馬 (0-1-2-11) 連対率7.1% 複勝率21.4%

 "夏は牝馬"と言われますが、基本的にダートの場合は
牝馬が優勢というわけではなく、このレースに於いても
好走は不可能ではないですが目立ってはいません。


【枠番】
 1枠 (1-0-1-8)   連対率10.0% 複勝率20.0%
 2枠 (1-0-3-15) 連対率5.3% 複勝率21.1%
 3枠 (1-0-2-16) 連対率5.3% 複勝率15.8%
 4枠 (2-3-0-15) 連対率25.0% 複勝率25.0%
 5枠 (2-2-1-15) 連対率20.0% 複勝率25.0%
 6枠 (0-1-2-17) 連対率5.0% 複勝率15.0%
 7枠 (2-1-1-16) 連対率15.0% 複勝率20.0%
 8枠 (1-3-0-16) 連対率20.0% 複勝率20.0%

 それほど内枠が有利というわけではありません。
連対率で見れば、真ん中から外枠のほうが多少良い傾向。


【脚質・上がり】
 逃げ (2-4-1-3)   連対率60.0% 複勝率70.0%
 先行 (6-3-4-21) 連対率26.5% 複勝率38.2%

 差し (2-3-2-52) 連対率8.5% 複勝率11.9%
 追込 (0-0-3-41) 連対率0.0% 複勝率6.8%

 1位  (3-2-4-3)   連対率41.7% 複勝率75.0%
 2位  (4-1-1-3)   連対率55.6% 複勝率66.7%
 3位  (2-3-2-5)   連対率41.7% 複勝率58.3%
4~5位 (1-3-3-15) 連対率18.2% 複勝率31.8%
 6位~ (0-1-0-90) 連対率1.1% 複勝率1.1%

 やや前傾ラップ気味に流れますが圧倒的先行有利
よほどハイペースにならない限り、前が壊滅的になるとは
考えにくく、先行馬がそのまま最後まで脚を残しやすい。
 逃げ馬の複勝率も高く、注意しなければいけませんが、
過去10年のレパードSで逃げた10頭のうち前走も
逃げていたのは3頭と少ないため、前走逃げていない馬が
奇策を打ってくることも
ありがち。
『誰が逃げるのか』を当てるのは意外と難しい


【キャリア】
 ~4戦  (0-1-1-13) 連対率6.7% 複勝率13.3%
 5戦   (0-3-1-16) 連対率15.0% 複勝率20.0%
 6戦   (4-1-3-15) 連対率21.7% 複勝率34.8%
 7戦   (2-1-1-18) 連対率13.6% 複勝率18.2%
 8戦   (3-3-1-18) 連対率24.0% 複勝率28.0%

 9戦   (0-0-2-13) 連対率0.0% 複勝率13.3%
 10戦~ (1-1-1-25) 連対率7.1% 複勝率10.7%

 勝ち馬はキャリア6~8戦に集中しています。
経験が少なすぎず多すぎない馬を重視したいですね。


【前走クラス・レース】
 1勝    (0-3-0-29) 連対率9.4% 複勝率9.4%
 2勝    (2-3-2-42) 連対率10.0% 複勝率16.0%
 3勝    (0-0-1-1)   連対率0.0% 複勝率50.0%
 OP・L  (1-1-0-7)   連対率22.2% 複勝率22.2%
 ユニコーン (4-0-0-17) 連対率19.0% 複勝率19.0%
 JDD   (3-3-3-12) 連対率28.6% 複勝率42.9%


 前走ユニコーンS・JDD組が中心となっていますが
前走2勝クラス組もまずまず絡んできます。
 複勝率が最も高いJDD組ですが、前走4角7番手以下で
回ってきた馬は(0-0-0-6)
となっています。
基本的にはレパードSもJDDも先行有利ですので
ハピは安泰とは言えないような気が・・・・?


【母父系統】
 サンデー系  (0-0-0-34) 連対率0.0% 複勝率0.0%
 ミスプロ系  (3-2-7-30) 連対率11.9% 複勝率28.6%
 ナスルーラ系 (3-1-1-9)   連対率28.6% 複勝率35.7%
 ノーザンD系 (2-5-2-33) 連対率16.7% 複勝率21.1%
 ロベルト系  (2-1-0-7)   連対率30.0% 複勝率30.0%

 めちゃくちゃ顕著なのは母父サンデー系の不振ぶり。
人気馬もかなり含まれます(5人気以内:12頭)が、すべて
凡走に終わっていますし、大きく割り引きたいところ。
今年はホウオウルーレット・ラブパイローなどが該当

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
「トレセン」「馬主」「馬産地」に広がる
情報ネットワーク。
超一流のプロフェッショナルが集う
≪ 競馬セブン ≫
【レパードS】
▼【3点勝負買目】を無料公開▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★JDD組以外は何が買いで何が消し?

前走JRAのダート戦を使った馬にスポットを当てて
好走率の高いパターン・低いパターンをみていきましょう。

①◆右回りor左回り
 右回り (1-0-3-44) 連対率2.1% 複勝率8.3%
 左回り (6-6-1-51) 連対率18.8% 複勝率20.3%

前走が左回りだった馬が圧倒的に好走率が高いです。
右回りは『福島・小倉の2勝クラス以上』だった馬を除き
(0-0-0-34)
となっており、1勝クラスや阪神・函館組は
全て凡走に終わっています。

△前走『福島・小倉の2勝クラス以上』以外のJRAダート
だった馬
 (0-0-0-34)
 カフジオクタゴン
 バレルゾーン
 メンアットワーク
 ライラボンド
 レッドラパルマ
 ヴィレーデラルナ


②◆前走距離
 ~1400㍍ (0-0-0-7)   連対率0.0% 複勝率0.0%
 1600㍍  (5-1-1-25) 連対率18.8% 複勝率21.9%
 1700㍍  (1-0-3-21) 連対率4.0% 複勝率16.0%
 1800㍍  (1-5-0-28) 連対率17.6% 複勝率17.6%
 1900㍍~ (0-0-0-14) 連対率0.0% 複勝率0.0%

距離短縮および、大幅な距離延長馬は割引。

△前走JRAのダ1400㍍以下 or 1900㍍以上 (0-0-0-21)
 インディゴブラック
 カフジオクタゴン
 プラチナドリーム
 ライラボンド


【以下、前走条件戦組の場合】
③◆前走4角位置

 4番手以内 (2-6-3-42) 連対率15.1% 複勝率20.8%
 5番手以下 (0-0-1-29) 連対率0.0% 複勝率3.3%

条件戦で先行出来ていなかった馬の成績は悪いです。
重賞のほうがペースも流れやすいですし、より追走に
苦労してしまいがち。先行馬が粘りやすいレースですから
後ろから決め手を活かすタイプは割引。

△前走条件戦で4角5番手以下 (0-0-1-29)
 アーテルアストレア
 プラチナドリーム
 ホウオウルーレット
 ライラボンド


④◆前走人気
 1人気  (2-2-3-22) 連対率13.8% 複勝率24.1%
 2人気  (0-3-1-16) 連対率15.0% 複勝率20.0%
 3人気~ (0-1-0-33) 連対率2.9% 複勝率2.9%

条件戦組で好走を期待できるのは前走2人気以内。

△前走条件戦で3人気以下 (0-1-0-33)
 カフジオクタゴン
 シダー
 バレルゾーン
 プラチナドリーム


⑤◆前走着差(勝っていた馬)
 0.6秒以上   (1-3-0-5)   連対率44.4% 複勝率44.4%
 0.3~0.5秒 (1-1-1-14) 連対率11.8% 複勝率17.6%
 0.1~0.2秒 (0-1-1-19) 連対率4.8% 複勝率9.5%
 0.0秒     (0-0-0-9)   連対率0.0% 複勝率0.0%


条件戦で僅差の勝利だった馬ほど信頼度は低い傾向。

△前走条件戦でタイム差なしの勝利 (0-0-0-9)
 レッドラパルマ


★レパードSの注目馬
 ⇒
タイセイドレフォン

 今年も条件戦を使った馬が登録の大半を占めていますが
抽選対象馬も多いので、まずは出走が確定的な馬から
レース傾向に合致するところが最も多いこの馬を挙げます。
 先月トータルで『連対率65.9%・複勝率75.6%』という
凄まじい好走率を叩き出した鞍上

月間では今年度最高の成績で、ルメール騎手が居ない間に
これ見よがしと稼ぎまくる絶好調ぶり。
普段も心強いですが、真夏を迎えてエンジン全開の騎乗に
期待したいところです。


いつもお読み頂きありがとうございます(^^)
週始めの注目馬や本命馬、その他重要データなど
下記ブログランキングの紹介文に記載していますので
クリックしてご覧くださいませ☆

人気ブログランキングへ